<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

鵬雲斎宗匠御好 松葉蒔絵茶杓「千年緑」正玄下削

2020年10月8日(木)

 

鵬雲斎宗匠御好 松葉蒔絵茶杓「千年緑」を入手しました。

 

DSC_0702.JPG

 

平安建都1200年(1994・平成6年)
京都に平安京ができて1200年を記念し、一年を通してさまざまなイベントを開催。特に1994年11月の国立京都国際会館での記念式典では、各界著名人によって起草された平安宣言が、京都から世界に向けて発信された。

 

DSC_0703.JPG

 

「平安建都1200年記念事業」として大きな取り組みが実施されました。

古都京都の文化財の世界遺産登録、京都迎賓館の建設、地下鉄東西線の整備など

 

DSC_0705.JPG

 

平安建都1200年を記念し、鵬雲斎宗匠がお好みになりました。

過去未来永劫ずっと変わらない思いを込めた、お目出度い御銘「千年緑」

 

DSC_0706.JPG

 

シミ竹をつかった景色のある茶杓です。

DSC_0708.JPG

 

 

DSC_0709.JPG

 

 

DSC_0718.JPG

 

色艶良し。

DSC_0710.JPG

 

 

DSC_0711.JPG

 

 

DSC_0714.JPG

 

裏は朱塗りに金銀で松葉蒔絵を施しています。

DSC_0713.JPG

 

しっかりとした蒔絵です。

DSC_0712.JPG

 

 

DSC_0715.JPG

 

 

DSC_0716.JPG

 

正玄の下削りです。

DSC_0704.JPG

 

 

DSC_0717.JPG


26年前の作品、状態良く綺麗な状態です。

 

DSC_0705.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶杓 | permalink | comments(0) | - | - | - |

久田尋牛斎 御茶杓 「若草」 一瀬小兵衛

2020年9月28日(月)

 

久田尋牛斎命名の御茶杓を入手しました。

 

御銘「若草」 

 

DSC_1750.JPG

 

尋牛斎宗匠のお箱書、「唐松蒔絵 梅ノ木茶杓 若草」

DSC_1751.JPG

 

 

DSC_1752.JPG

 

梅の木に摺り漆を施し、金蒔絵で唐松を描いています。

DSC_1754.JPG

 

 

DSC_1758.JPG

 

 

DSC_1755.JPG

 

 

DSC_1756.JPG

 

綺麗で緻密な蒔絵です。

DSC_1757.JPG

 

いい姿をしています。

DSC_1759.JPG

 

庚申(1980年・昭和55年)冬の作品です。

DSC_1749.JPG

40年を経ているようには思えない、綺麗な状態です。

 

DSC_1753.JPG

京の指物師、一瀬小兵衛の作です。

 

DSC_1750.JPG

 

価格は70,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
ヨイナ コニシ
茶道具 茶杓 | permalink | comments(0) | - | - | - |

久田尋牛斎 松ノ木 茶杓 「松聲」 

2020年9月25日(金)

 

久田尋牛斎宗匠 松ノ木茶杓 御銘「松聲」を入手しました。

 

DSC_1761.JPG

 

大徳寺三門 古材 松ノ木茶杓。

DSC_1762.JPG

 

銘「松聲」

DSC_1763.JPG

 

 

DSC_1764.JPG

 

 

DSC_1765.JPG

 

古材の味わいを生かしています。

DSC_1766.JPG

 

 

DSC_1767.JPG

 

 

DSC_1760.JPG

 

 

DSC_1761.JPG

 

 

 

 

 

茶道具 茶杓 | permalink | comments(0) | - | - | - |

而妙斎宗匠 御茶杓 「瑞雲」 黒田正玄

2020年9月19日(土)

 

而妙斎宗匠 御茶杓 「瑞雲」 を入手しました。

 

DSC_0674.JPG

 

 

DSC_0675.JPG

 

 

DSC_0676.JPG

 

 

茶杓はシミ竹を使っています。

DSC_0677.JPG

 

 

DSC_0678.JPG

 

 

DSC_0679.JPG

 

しっかりとしています。「

DSC_0680.JPG

 

 

DSC_0681.JPG

 

 

DSC_0673.JPG

 

黒田正玄下削。

DSC_0682.JPG

 

大変綺麗な状態です。

DSC_0674.JPG

 

価格はお電話またはメールでお問い合わせください。

 


茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶杓 | permalink | comments(0) | - | - | - |

尋牛斎命名 松の木茶杓「末廣」一瀬小兵衛

2020年8月20日(木)

 

尋牛斎命名 桐唐草蒔絵松の木茶杓 銘「末廣」を入手しました。

 

DSC_1730.JPG

 

 

DSC_1731.JPG

 

 

DSC_1733.JPG

 

松の木地に摺漆を施した、美しいフォルムの茶杓です。

DSC_1735.JPG

 

桐唐草の金蒔絵を施しています。

DSC_1734.JPG

 

 

DSC_1736.JPG

 

 

DSC_1738.JPG

 

 

DSC_1739.JPG

 

 

DSC_1741.JPG

 

 

DSC_1740.JPG

 

紫ちりめんの仕服が添っています。

DSC_1742.JPG

 

四代一瀬小兵衛の作。「さしこ」と呼ばれる表千家出入りの京の指物師、

当代は五代目。

 

DSC_1729.JPG

 

 

DSC_1728.JPG

 

綺麗な状態です。

DSC_1730.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶杓 | permalink | comments(0) | - | - | - |

鵬雲斎宗匠 茶杓「山女」正玄下削

2020年7月29日(水)

 

鵬雲斎宗匠 命名のお茶杓を入手しました。
(裏千家 前家元 十五代鵬雲斎宗室 現、玄室汎叟大宗匠)

 

DSC_0268.JPG

 

御銘「山女」・ヤマメ

 

DSC_0269.JPG

ヤマメは「渓流の女王」ともいわれ、高級魚として名高い魚で、美しい流線型の魚形とパーマークと呼ばれる斑紋が特徴的です。また、サケ科の魚で海に下るとサクラマスとなり渓流の清らかで冷たい岩清水で育つ美味な魚として有名です。
また、その環境で主食となる水生昆虫が豊富にいないとヤマメは生きていけません。つまりヤマメが養殖できるということは背景にある自然が豊かな証拠なのです。

 

 

DSC_0270.JPG

昭和40年代、御家元を襲名されて間もない頃の御染筆です。

 

 

DSC_0272.JPG

 

 

DSC_0273.JPG

 

 

DSC_0275.JPG

約50年前の作品ですが、大変綺麗な状態です。

 

DSC_0274.JPG

 

黒田正玄 下削り。

DSC_0267.JPG

 

 

DSC_0266.JPG

 

 

DSC_0279.JPG

 

 

DSC_0271.JPG

 

 

DSC_0268.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶杓 | permalink | comments(0) | - | - | - |

鵬雲斎宗匠 茶杓「麥笛」正玄下削

2020年7月13日(月)

 

鵬雲斎宗匠命名のお茶杓を入手しました。

(裏千家 前家元 十五代鵬雲斎宗室 現、玄室汎叟大宗匠)

 

DSC_0283.JPG

 

御銘「麥笛・むぎぶえ」

麦笛とは麦の茎を切って、笛のように吹き鳴らすもの。むぎわらぶえ。

《季 夏》「―や雨あがりたる垣のそと/秋桜子」

 

DSC_0284.JPG

 

昭和40年代、御家元を襲名されて間もない頃の御染筆です。

 

約50年前の作品ですが、大変綺麗な状態です。

 

DSC_0285.JPG

 

 

DSC_0286.JPG

 

シミ竹を使い節の上に景色をつくっています。

 

DSC_0290.JPG

 

 

DSC_0288.JPG

 

しっかりとしています。

DSC_0291.JPG

 

 

DSC_0287.JPG

 

黒田正玄下削。

DSC_0282.JPG

 

 

DSC_0281.JPG

 

 

DSC_0279.JPG

 

5月から8月の取り合わせにお使い頂けます。

DSC_0292.JPG

 

 

DSC_0283.JPG

 

価格は19万円です。

こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
ヨイナ コニシ
茶道具 茶杓 | permalink | comments(0) | - | - | - |

建仁寺 竹田益州 茶杓 「千代の栄」

2020年2月1日(土)

 

建仁寺 竹田益州 茶杓 「千代の栄」を入手しました。

 

DSC_0021.JPG

 

竹田益州(たけだ えきじゅう、1896年(明治29年)- 1989年(平成1年)6月20日)は、昭和を代表する臨済宗の禅僧。

建仁寺派第八代管長。大分県生。室号は金剛窟。9才の時祥瑞寺で得度し、のち竹田黙雷について修行、印可を受ける。祥瑞寺・大仙寺を歴住、大徳寺執事長を経て建仁寺派管長となる。平成元年寂、92才。

 

DSC_0022.JPG

 

 

DSC_0024.JPG

 

 

DSC_0023.JPG

 

シミ竹を使っています。

DSC_0025.JPG

 

節の上下で色の変化があり、いい景色です。

DSC_0026.JPG

 

 

DSC_0027.JPG

 

 

DSC_0028.JPG

 

 

DSC_0021.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶杓 | permalink | comments(0) | - | - | - |

而妙斎宗匠 桜の木茶杓 銘「花あやめ」 一瀬小兵衛

2019年4月22日(月)

 

而妙斎宗匠命名の桜の木茶杓を入手しました。

 

DSC_0564.JPG

 

観心寺の桜の木で造られました。

 

銘「花あやめ」

DSC_0565.JPG

 

観心寺(毎年4月第1日曜日には表千家による献茶祭がある)

大阪は河内長野市の観心寺、河内長野といえばもうすぐそこに聖地高野山があり、山に囲まれた観心寺は真言宗のお膝元である感が漂います。また境内の梅林やソメイヨシノも有名です。

 

平安時代に弘法大師空海が立ち寄られ、衆生の除厄のために本尊如意輪観音菩薩(国宝)を刻まれて、寺号を観心寺と改称されたのだとか(元は雲心寺)。

DSC_0566.JPG

 

また、その後には後醍醐天皇の厚い帰依により、楠木正成を奉行として金堂外陣造営の勅が出された由縁もあり、楠木公の首塚、像などもあり、公を偲ぶ寺ともなっています。

 

桜の木を竹の茶杓の形に削っています。

DSC_0567.JPG

 

櫂先を曲げ、中節をつけ、腰を上げています。

DSC_0568.JPG

 

 

DSC_0569.JPG

 

 

DSC_0570.JPG

 

 

DSC_0563.JPG

 

京都の指物師 一瀬小兵衛の作です。

DSC_0571.JPG

 

 

DSC_0564.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶杓 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

久田尋牛斎 茶杓 「蓬莱」

2019年3月26日(火)

 

久田尋牛斎宗匠 命名茶杓 銘「蓬莱」を入手しました。

 

DSC_0011.JPG

 

 

DSC_0012.JPG

 

 

DSC_0013.JPG

 

 

DSC_0015.JPG

 

樋が深い綺麗な茶杓です。

DSC_0016.JPG

 

 

DSC_0017.JPG

 

 

DSC_0018.JPG

 

京都 鷹峯の竹工師 西川煤玄の作です。

DSC_0014.JPG

 

 

DSC_0011.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶杓 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ