<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

永楽善五郎 即全 交趾薬蓋置

2018年9月23日(土)

 

永楽善五郎 即全造 交趾薬蓋置が入りました。

 

DSC_0275.JPG

 

浅黄交趾、濃淡をつけています。

DSC_0276.JPG

 

 

DSC_0277.JPG

 

16代 永樂善五郎(即全) 1917(大正6)年〜1998(平成10)年
16代永樂善五郎は15代永樂善五郎(正全)の長男として京都に生まれる。
1935(昭和10)年、16代永樂善五郎を襲名。
1958(昭和33)年、源氏物語五四帖に因んだ連作を発表。
1960(昭和35)年、京都伝統陶芸家協会の結成に参加して会長に就任。
1983(昭和58)年、京都府文化功労賞を受賞。
1986(昭和61)年、京都市文化功労者として表彰を受ける。
1990(平成2)年、勲五等瑞宝章を受章。
1998(平成10)年、長男・紘一に家督を譲って隠居し「即全」と号す。
千家十職による千松会等を開催し、茶陶界において精力的に活動する。
作品は染付、色絵、金襴手、交趾、祥瑞等、華麗で伝統的な茶陶を中心とした。

 

 

DSC_0265.JPG

 

作者共箱。

DSC_0264.JPG

 

 

径5,9センチ   高5,4センチ

DSC_0275.JPG

 

価格は40,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

大西清右衛門 浄心 南鐐菊頭 真鍮火箸

2018年8月29日(水)

 

大西清右衛門 浄心造 南鐐菊頭 真鍮火箸を入手しました。

 

DSC_0057.JPG

 

 

DSC_0058.JPG

 

大西浄心
昭和から平成の京都三条釜座の釜師で、大西家の15代目。
14代浄中の二男で、幼名は益三郎、名は健生、通称は清右衛門、号、浄心。
九州産業大学卒業後、京都大学大学院、京都美術学校専攻科で学び、昭和35年(1960)15代を襲名。
平成14年(2002)79歳で歿す。

 

DSC_0061.JPG

 

南鐐の菊頭は精巧な仕事です。

DSC_0060.JPG

 

作者共箱。

DSC_0062.JPG

 

 

DSC_0057.JPG

 

価格は55,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

平戸焼 悦山 宝尽し紋 建水 兼中斎

2018年6月8日(金)

 

平戸焼 悦山造 宝尽し紋 建水が入りました。

 

兼中斎宗匠のお箱書きがございます。

 

DSC_1733.JPG

 

佐世保市三川内町に窯をかまえる、十三代 今村悦山の作です。
 
箆で素地を削ぐのではなく、文様の土を張り付ける技法をつかっています。

 

純白の素地は平戸焼の特徴です。

DSC_1734.JPG

 

平戸焼
長崎県佐世保市三川内 (みかわち。三河内) で産する磁器。三河内 (みこうち) 焼ともいう。安土桃山時代,平戸藩主松浦 (まつら) 鎮信が朝鮮人陶工を連れ帰って,平戸市山中町に御用窯を開いたが,元和8 (1622) 年2代松浦隆信のとき三川内に移され現代まで続いている。作品は茶器,酒器,花器が多く,精巧な白磁,青磁を産する。

 

 

DSC_1735.JPG

 

 

DSC_1736.JPG

 

 

平戸焼 三河内  悦山造とあります。

DSC_1737.JPG

 

兼中斎宗匠のお箱書き。

DSC_1732.JPG

 

径14,2センチ   高8センチ

DSC_1733.JPG

 

価格は36,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

九代大樋長左衛門 香炉釉 チキリ蓋置

2018年5月22日(火)

 

九代大樋長左衛門造 香炉釉 チキリ蓋置を入手しました。

 

DSC_1336.JPG

 

白い素地に貫入が美しい。

 

DSC_1337.JPG

 

九代大樋長左衛門
陶芸家。金沢生。昭和9年に大樋焼本家窯元九代目を襲名。中興の祖である五代勘兵衛に匹敵する名工といわれた。日本工芸会正会員。昭和61年(1986)歿、84才

 

DSC_1338.JPG

 

綺麗な状態です。

 

DSC_1339.JPG

 

 

作者共箱。

DSC_1340.JPG

 

 

径4,7センチ   高4,7センチ

DSC_1336.JPG

 

価格は40,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

九代大樋長左衛門 青つくね蓋置

2018年5月21日(月)

 

九代大樋長左衛門造 つくね蓋置が入りました。

 

DSC_1357.JPG

 

棚を選ばない使いやすい蓋置です。

DSC_1358.JPG

 

青の総釉で長左衛門印がございます。

 

DSC_1359.JPG

 

九代大樋長左衛門

陶芸家。金沢生。昭和9年に大樋焼本家窯元九代目を襲名。中興の祖である五代勘兵衛に匹敵する名工といわれた。日本工芸会正会員。昭和61年(1986)歿、84才

 

DSC_1360.JPG

 

 

DSC_1361.JPG

 

作者共箱。

DSC_1356.JPG

 

径5,4センチ   高4,9センチ

DSC_1357.JPG

 

価格は43,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

樂弘入 源氏窓 蓋置

2018年4月25日(水)

 

樂弘入造 源氏窓蓋置を入手しました。

 

火灯窓・花頭窓(かとうまど)は、おもに日本の、寺社建築・城郭建築・住宅建築などに見られる、上枠を火炎形(火灯曲線)または、花形(花頭曲線)に造った特殊な窓です。

かとうまどは一名「源氏窓」ともいわれます。「紫式部」が「石山寺」において有名な「源氏物語」を書き起こした部屋が、現在もある「源氏の間」で、その部屋の「窓」を「源氏窓」と呼んだからです。

 

DSC_1229.JPG

 

源氏窓の背後には丸穴が抜かれています、月に見立てると源氏物語を思い起こさせます。

DSC_1230.JPG

 

赤楽に白刷毛目を施しています。

DSC_1231.JPG

 

 

DSC_1232.JPG

 

十二代 弘入(安政4年(1857年) - 昭和7年(1932年))
十一代長男。明治4年に家督相続するが、茶道衰退期のため若いときの作品は少なく、晩年になって多数の作品を制作する。大胆なへら使いに特徴があるとされる。大正8年(1919年)に隠居、以後は京都本邸と九代の別荘であった滋賀県の石山を往復し、優雅な晩年を送る。

 

 

DSC_1233.JPG

 

惺入の箱になっています。「源氏まど ふたおき 弘入造置 十三代

DSC_1235.JPG

 

径5,8センチ   高4,6センチ

DSC_1229.JPG

 

価格は60,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

膳所焼 岩崎新定 青釉 平建水

2018年3月31日(土)

 

膳所焼 岩崎新定造 青釉 平建水を入手しました。

 

DSC_1168.JPG

 

きれいな状態です。

DSC_1169.JPG

 

 

DSC_1170.JPG

 

 

DSC_1171.JPG

 

 

DSC_1165.JPG

 

 

DSC_1167.JPG

 

作者共箱。淡海せせ 陽炎園造

DSC_1166.JPG

 

径19,7センチ   高4,9センチ

DSC_1168.JPG

 

価格は2万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

前端春斎 陶漆 曙塗蓋置

2018年3月28日(水)

 

前端春斎造 陶漆 曙塗蓋置が入りました。

 

陶器の表面に漆で曙塗を施しています。

 

DSC_1117.JPG

 

見た目は漆なので軽く感じますが、手取りは陶器なのでしっかりとしています。

 

DSC_1118.JPG

 

前端春斎
昭和39年、前端雅峰の長男として生まれる。
父・雅峰に師事。また保谷美成のもとで加賀蒔絵を学ぶ。
昭和60年、3代春斎を襲名。
琳派の作風めざし、古典技法を追求する。
茶道具を中心に制作。

 

DSC_1119.JPG

 

作者共箱。

DSC_1120.JPG

 

径5,8センチ   高5,5センチ

DSC_1117.JPG

 

価格は6,500円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

亀甲竹 蓋置 兼中斎 

2018年3月5日(月)

 

兼中斎宗匠 在判、書付 亀甲竹蓋置を入手しました。

 

DSC_0861.jpg

 

竹のしぼの景色の変化がおもしろい。

DSC_0862.jpg

 

亀甲竹はモウソウチクの突然変異で、節間が交互に膨れており節が斜めとなった竹である。
亀甲竹は宮崎や京都に多く、京都では火であぶり磨き上げた製品を京銘竹と称し、京都府伝統工芸品の一つに指定されている。キッコウチクの加工品は主に床柱・花器・結界(茶道)などである。
ちなみにテレビドラマの「水戸黄門」に登場する水戸光圀の杖はキッコウチク製である。

 

DSC_0863.jpg

 

 

DSC_0864.jpg

 

兼中斎宗匠のお箱書き。

DSC_0859.jpg

 

作者は木葉とあります。

DSC_0860.jpg

 

径5,2センチ   高5,8センチ

DSC_0861.jpg

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

大樋年朗(十代大樋長左衛門) 三友紋 蓋置

2018年3月2日(金)

 

大樋年朗(十代 大樋長左衛門)造 三友紋 蓋置が入りました。

 

松の型を三つ斜めに押しています。

透明感のある綺麗な飴釉薬です。

 

DSC_0853.jpg

 

竹(笹)の型を三つ斜めに押しています。

DSC_0855.jpg

 

の型も三つ斜めに押しています。

DSC_0854.jpg

 

大樋年朗(十代 大樋長左衛門)

1927− 昭和後期-平成時代の陶芸家。
昭和2年10月28日生まれ。加賀楽焼(らくやき)の大樋焼9代大樋長左衛門の長男。昭和25年日展に初入選,57年文部大臣賞。この間の44年金沢美術工芸大教授。60年花三島飾壺「峙(そばだ)つ」で芸術院賞。62年10代長左衛門をつぎ,平成2年大樋美術館をひらく。11年芸術院会員。石川県陶芸協会会長,日展常務理事審査員などをつとめる。16年文化功労者。23年文化勲章。石川県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は奈良年郎。著作に「楽焼の技法」。

 

DSC_0856.jpg

 

 

DSC_0857.jpg

 

作者共箱。三友紋とは松竹梅のことです。

DSC_0858.jpg

 

径5,5センチ   高5,8センチ

DSC_0853.jpg

 

価格は19,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ