<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

神坂雪佳図案 巌に双鶴図 硯箱 伊藤陶山 三木表悦

2019年4月13日(土)

 

神坂雪佳図案 巌に双鶴図 硯箱を入手しました。

 

陶芸家の 三代 伊藤陶山、漆芸家の三木表悦の合作です。

 

DSC_0345.JPG

 

神坂 雪佳 (慶応2年 - 昭和17年)は、近現代の日本の画家であり、図案家。京都に暮らし、明治から昭和にかけての時期に、絵画と工芸の分野で多岐にわたる活動をした。本名は吉隆(よしたか)。琳派に傾倒し、大胆な構図や「たらしこみ」の技法など、琳派の影響を受けながらもモダンで明快な作品が多い。

 

DSC_0347.JPG

 

三木表悦
漆芸家。明治43年(1910)生。技術保存を指定される。官展・国際展入選。京都府文化功労賞受賞。京都住。

 

DSC_0349.JPG

 

初代 伊東陶山(弘化3〜大正9)
明治期京焼の陶工。名は重太郎,のちに幸右衛門。明治28(1895)年より陶山を名乗る。京都粟田口に生まれ,絵を円山派の画家小泉東岳に学び,文久3(1863)年,京都五条坂の陶工亀屋旭亭に師事し陶技を学ぶ。慶応3(1867)年,京都粟田白川畔に開窯。大正6(1917)年,帝室技芸員となる。

 

三代 伊東陶山
陶芸家。京都生。二代陶山の長男。京美工卒。名は信助。粟田焼の名門伊藤家の三代目。日展会員。昭和45年(1970)歿、70才。

 

双鶴は陶器を埋め込んでいます。三代陶山の作。

DSC_0350.JPG

 

巌は鉛をはめこんでいます。

DSC_0351.JPG

 

内は朱塗り。硯、水滴、筆が二本添っています。

DSC_0348.JPG

 

水滴には梨地を施しています。

DSC_0352.JPG

 

蓋の甲には「巌に双鶴図 雪佳 考」とあります。

DSC_0354.JPG

 

作者共箱。「漆張 ちらし箔 溜ぬり」とあります。

DSC_0353.JPG

 

径10,5センチ×25,2センチ   高3,5センチ

DSC_0346.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

大西清右衛門 浄心 一葉蓋置

2019年4月4日(木)

 

大西清右衛門 浄心造 一葉蓋置を入手しました。

 

銅を打ち出して葉の形にしています。

DSC_0247.JPG

 

銅板に色付けを施し、線彫や槌で打ち模様をつけています。

DSC_0248.JPG

 

 

DSC_0251.JPG

 

十五代大西清右衛門(浄心)
十四代浄中の次男として大正13年生まれる。九州大学卒業後、京都大学大学院、京都美術学校専攻科にて学ぶ。昭和三十五年に十五代大西清右衛門を襲名。千家の好みの釜を多く作った。京釜についての執筆も旺盛に行い、多くの論文を残した。平成14年、没。

 

DSC_0250.JPG

 

金を雲のように貼り、虫食いの透かしも空けています。

DSC_0249.JPG

 

作者共箱。

DSC_0252.JPG

 

径4,6センチ   高5,0センチ

DSC_0247.JPG

 

価格は50,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

樂惺入 赤つくね蓋置

2019年3月30日(土)

 

樂惺入造 赤つくね蓋置を入手しました。

 

DSC_0240.JPG

 

つくね蓋置とは、手捏(てづくね)の略称で、輪蓋置の一種ですが、宗匠や数寄者の手づくねものの蓋置から発展し、楽焼を初めとする国焼で、手づくねもの風に作られたものに用いられる言葉です。

 

DSC_0242.JPG

 

小さな蓋置のなかに、造形の巧みさや色の変化がみられます。

DSC_0243.JPG

 

十三代 惺入(明治20年(1887年) - 昭和19年(1944年))
十二代長男。釉薬、技法の研究を歴代中最も熱心に行い、また、樂家家伝の研究を行う。昭和10年(1935年) - 昭和17年(1942年)にそれらの研究結果を『茶道せゝらぎ』という雑誌を刊行し発表。しかし晩年に太平洋戦争が勃発、跡継ぎである長男も応召、研究も作陶も物資不足の中困難となり、閉塞する中没した。

 

DSC_0244.JPG

 

無傷、綺麗な状態です。

DSC_0245.JPG

 

作者共箱。

DSC_0246.JPG

 

径5,1センチ   高4,7センチ

DSC_0241.JPG

 

価格は90,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

即中斎 竹一双蓋置 駒澤利斎

2019年3月27日(水)

 

即中斎在判 竹一双蓋置を入手しました。

 

DSC_0155.JPG

 

駒沢利斎は千家十職の一つ。三千家御用達の棚や香合、炉縁などを製作する指物師が代々継承する名跡である。

 

即中斎宗匠のお箱書。

DSC_0161.JPG

 

肉厚の真竹。

DSC_0156.JPG

 

あたりや傷無く綺麗な状態です。

DSC_0157.JPG

 

 

DSC_0158.JPG

 

 

DSC_0159.JPG

 

 

DSC_0160.JPG

 

十四代尼利斎(明治41年)ー(昭和52年) 名「浪江」、十三代の妻。

 

作者共箱。

DSC_0162.JPG

 

炉用 径5,3センチ   高5,5センチ

DSC_0155.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

金盛徳元 鉄竹節蓋置 淡々斎 大西浄長

2019年3月23日(土)

 

金盛徳元造 鉄竹節蓋置を入手しました。

 

DSC_0217.JPG

 

淡々斎宗匠の御箱書。

DSC_0224.JPG

 

古い鉄味です。

DSC_0218.JPG

 

金盛徳元 安土桃山時代の最高峰の甲冑師。
主として具足をつくる鍛冶師であるが、釜釣、火箸、鐶や蓋置などの作品も残している。

 

DSC_0219.JPG

 

 

DSC_0220.JPG

 

笹の銀象嵌を施しています。

DSC_0221.JPG

 

 

DSC_0222.JPG

 

大西浄長の極め書きが箱の内底にございます。

大西浄長は、明治から昭和初期の京都三条釜座の釜師で、大西家の十三代です。

 

DSC_0226.JPG

 

 

DSC_0223.JPG

 

市松模様の仕覆が添っています。

DSC_0216.JPG

 

径5,2センチ   高4,2センチ

DSC_0218.JPG

 

価格は23万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

真葛焼 宮川香斎 交趾 竹節蓋置

2019年2月23日(土)

 

真葛焼 宮川香斎造 交趾 竹節蓋置を入手しました。

 

DSC_1452.JPG

 

 

綺麗な状態です。

DSC_1453.JPG

 

 

DSC_1454.JPG

 

 

DSC_1455.JPG

 

作者共箱。

DSC_1451.JPG

 

径5,6センチ   高5,7センチ

DSC_1452.JPG

 

こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

十三代田原陶兵衛 萩焼 三葉蓋置

2019年2月2日(土)

 

十三代田原陶兵衛造 萩焼 三葉蓋置が入りました。

 

DSC_1228.JPG

 

 

DSC_1229.JPG

 

13代 田原陶兵衛(本名 謙次)
1951年 昭和26年生まれ 、12代の長男。中里重利に師事。
1992年 平成4 父の死去により13代を襲名。
日本工芸会正会員

 

DSC_1230.JPG

 

陶兵衛の印。

DSC_1231.JPG

 

作者共箱。

DSC_1232.JPG

 

径5,6センチ   高4,7センチ

DSC_1228.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

 

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

中川浄益 惺斎好 亀甲形莨管

2019年2月1日(金)

 

中川浄益造 惺斎好 亀甲形莨管を入手しました。

 

DSC_1251.JPG

 

 

DSC_1254.JPG

 

真鍮の金具部分を六角(亀甲)にし、鱗鶴模様を彫っています。

 

DSC_1255.JPG

 

十代浄益、作者共箱。

DSC_1253.JPG

 

 

DSC_1251.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

 

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

四代川端近左 銘々盆 荒目板

2019年1月26日(土)

 

本日は四代川端近左の作品を二点ご紹介いたします。

 

先ず1点目は

四代川端近左造 会津絵銘々盆 拾枚

 

DSC_1297.JPG

 

会津絵(会津塗)はあでやかな色調で、桧垣、松竹梅、破魔矢を組み合わせた図案を描き上げたものが多い。

 

DSC_1298.JPG

 

 

DSC_1299.JPG

 

四代 川端近左 1891年(明治24年)〜1975年(昭和50年)
本名 対三郎 三代 近左の甥。
12歳のときに三代と養子縁組をし三代に師事する。
22歳で四代 川端近左を襲名。数多くの茶道具を製作する。

 

DSC_1300.JPG

 

低い脚がついているので、扱いが容易である。

DSC_1301.JPG

 

作者共箱。

DSC_1303.JPG

 

 

径16,5センチ   高2,7センチ

DSC_1302.JPG

 

 

 

二つ目は
四代川端近左造 利休形荒目小板です。

 

DSC_1304.JPG

 

大小の壱組になっています。

DSC_1305.JPG

 

小のほうは綺麗で無傷。

DSC_1306.JPG

 

大のほうは使用痕があります。

DSC_1307.JPG

 

 

DSC_1309.JPG

 

大のほうは数か所スレがみられますが、片面はまだましです。

 

DSC_1308.JPG

 

 

作者共箱。

DSC_1310.JPG

 

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
ヨイナ コニシ

 

 

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

十四代 宮崎寒雉 此花蓋置

2019年1月25日(金)

 

十四代 宮崎寒雉造 此花蓋置が入りました。

 

DSC_1205.JPG

 

宮崎家(みやざきけ)は、江戸時代から加賀藩の御用釜師として続く、金沢の釜師の家です。

 

DSC_1201.JPG

 

十四代 宮崎寒雉
平成六年に十四代目を継承する。
釜肌は深く、どっしりとした色は、新古を融合させる魅力を持っている。

 

DSC_1202.JPG

 

素材は鉄で、金箔を散らしています。

 

DSC_1203.JPG

 

見た目よりも手取りは軽い。

 

DSC_1204.JPG

 

作者友箱。

DSC_1206.JPG

 

径4,8センチ   高4,9センチ

DSC_1205.JPG

 

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 小物 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ