<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

駒澤利斎 独楽菓子器

2017年9月3日(日)

 

十三代駒澤利斎造 独楽菓子器が入りました。

 

DSC_0694.JPG

 

表千家十一代 碌々斎家元の好みです。

 

木地の木目を生かした作品です。

DSC_0695.JPG

 

十三代 利斎

(1883年(明治16年) - 1952年(昭和27年)8月)
名「重次郎」、十一代の次男、十二代の弟。

 

DSC_0696.JPG

 

他にはない利斎独特の朱溜色です。外部は筋目にしています。

 

DSC_0697.JPG

 

DSC_0699.JPG

 

DSC_0698.JPG

 

 

径18,3センチ   高10センチ

DSC_0694.JPG

 

価格は43,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

永楽即全 乾山写 絵替銘々皿 五

2017年2月8日(水)

 

永楽即全造 乾山写 絵替銘々皿 五客が入りました。

 

DSC_0570.JPG

 

径15,4センチ

 

DSC_0572.JPG

 

DSC_0573.JPG

 

作者共箱。

 

DSC_0574.JPG

 

DSC_0571.JPG

 

価格は57,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

平安 清茂 銀縁 青海盆

2016年7月21日(木)

 

平安 清茂造 銀縁青海盆が入りました。

 

DSC_0795.JPG

 

無垢の銅を打ち出して、丁寧に造っています。

DSC_0796.JPG

 

縁に銀を廻して美しいアクセントを付けています。

 

径21,8センチ

DSC_0799.JPG

 

作者共箱。

 

DSC_0797.JPG

 

DSC_0798.JPG

 

作者の詳しい作歴等は判りません。

 

DSC_0834.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

三代 鈴木表朔 四方盆

2016年7月21日(木)

 

三代 鈴木表朔造 片木目 溜塗四方盆が入りました。

 

DSC_0792.JPG

 

鈴木雅也(三代表朔)1932-         
1932(昭和7)年、京都生まれ。日吉丘高校(現・京都市立銅駝美術高等学校)漆工科卒業の後、東京芸術大学漆工科に入学。
松田権六、六角大穣の指導を受ける。卒業制作が日展に初入選。卒業後、同大学専攻科一年修了。
1956(昭和31)年、京都にて「建築と工芸グループ」を結成。日展をはじめ、日本現代工芸展、京展など数多くの展覧会へ出品し、継続して入賞を果たす。
1973(昭和48)年、日展特選。後には審査員となる。1988(昭和63)年、京都府京都文化博物館歴史展示室の造形演出作品の企画・制作を行う。
1991(平成3)年より、日工会展審査員、日展評議員を務める。1993(平成5)年、日工会展内閣総理大臣賞受賞。

 

21センチ四方

 

DSC_0793.JPG

 

作者共箱。

 

DSC_0794.JPG

 

 

 

茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

前端雅峯 尋牛斎自画賛 干菓子盆

2016年3月22日(火)

前端雅峯造 尋牛斎自画賛 干菓子盆が入りました。

溜塗に朱漆で書かれています。

尋牛斎宗匠の字型で数枚出来た作品だと思われます。
DSC_0770.JPG

唐松の絵、寿の字、尋牛斎のお花押がございます。
DSC_0771.JPG
前端 雅峯(まえはた がほう、1936年(昭和11年)- ) は、山中塗の塗師。伝統工芸士。
前端家八代目、前端春斉の長男に生まれる。村田道寛師に茶道漆芸、中村長寛師に石地塗り、保谷美成師に加賀蒔絵を学ぶ。 財団法人無限庵(石川県指定文化財)を設立。 2003年には国の重要文化財建長寺修復事業を拝任。 今上陛下に献上の沼津御用邸千本松の古材を以て棗、香合、炉縁の謹作栄誉を受く。ローマ教皇ヨハネパウロ2世猊下に献上の吹雪聖餐器を不徹斎家元のご依頼で謹作。一つの作品を作る時、「宝石を扱っているような気持ちで なければ」という心で仕事をし、作品その物が評価のモノサシであるべきだと考えている。本当に価値のあるものを後世に伝えたいという使命にて、今でも“生涯一棗師”の旺盛な創作意欲と向上心は衰える事を知らない。
DSC_0772.JPG

畳付は黒真塗です。
DSC_0773.JPG

作者共箱。
DSC_0774.JPG

径25,1センチ
DSC_0770.JPG

価格は2万円です。

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小西康 WEBSHOP
茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

稲尾誠中 竹網代干菓子盆

2016年3月4日(金)

稲尾誠中造 竹網代干菓子盆が入りました。

DSC_0848.JPG
木口は松の木地を廻しています。
DSC_0849.JPG

桐木地と竹網代の組み合わせ、清涼感があります。
DSC_0850.JPG

細かな網代の仕事です。
DSC_0853.JPG

底面は桐木地。
DSC_0851.JPG
稲尾誠中
昭和22年 京都に生まれる。
昭和46年 家業の京指物を継ぐ。
大徳寺本山、建仁寺本山等各諸寺社の御用を賜わる。
建仁寺前々管長 竹田益州老師より拝号した誠中斎の号を京指物継承30周年の節目の年に当たり、建仁寺現管長 小堀泰巌老師のご承諾を得て誠中斎改め誠中とする。

作者共箱。
DSC_0854.JPG

23,2センチ四方
DSC_0848.JPG


茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小西康 WEBSHOP
茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

前端雅峯 片木目 朱四方盆

2016年3月1日(火)

前端雅峯造 片木目 朱四方盆が入りました。

DSC_0806.JPG

前端雅峯
前端家八代目、前端春斉の長男に生まれる。村田道寛師に茶道漆芸、中村長寛師に石地塗り、保谷美成師に加賀蒔絵を学ぶ。 財団法人無限庵(石川県指定文化財)を設立。 2003年には国の重要文化財建長寺修復事業を拝任。 今上陛下に献上の沼津御用邸千本松の古材を以て棗、香合、炉縁の謹作栄誉を受く。
ローマ教皇ヨハネパウロ2世猊下に献上の吹雪聖餐器を不徹斎家元のご依頼で謹作。
DSC_0807.JPG

一つの作品を作る時、「宝石を扱っているような気持ちで なければ」という心で仕事をし、作品その物が評価のモノサシであるべきだと考えている。本当に価値のあるものを後世に伝えたいという使命にて、今でも“生涯一棗師”の旺盛な創作意欲と向上心は衰える事を知らない。
DSC_0805.JPG

DSC_0808 - コピー.JPG

底に光悦寺の文字。
光悦寺の古材で造られたのか、光悦寺の記念の品なのかは定かではありません。
DSC_0808.JPG

作者共箱。
DSC_0809.JPG

22,6センチ四方
片木目の凹凸が深く、趣があります。
DSC_0806.JPG

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小西康 WEBSHOP
茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

金谷五良三郎 南鐐青海盆

2016年2月29日(月)

金谷五良三郎造 南鐐青海盆が入りました。

漆象嵌唐草蒔絵です。
DSC_0915.JPG

金谷五良三郎は京都を代表する錺鋳物師です。初代金屋五郎三郎は屋号を「金屋」と称して銅器着色法を工夫し、緋銅色は特に称賛を博して「五良三色」と謳われるようになりました。豊臣秀吉に命ぜられて茶道用火鉢を「五良三郎色」で造ったところ、大いに賞美を受けて比類ない誉を得ました。以後、家伝の秘術として歴代相伝に受け継がれていきます。8代金屋五良三郎は尾州徳川公の御用達となって寵遇を受け、「五良三」と言えば銅器の別称とさえなりました。

DSC_0916.JPG

十五代 金谷五良三郎 
昭和15年 京都に生まれる
昭和33年 鍛金作家田中秀明に師事、父十三代に鋳金、彫金を学ぶ
昭和37年 京展初入選 以後5回入選
昭和42年 第十回日展に初入選以後6回入選
昭和50年 現代彫金、鍛金美術展に出品開始、受賞1回
昭和59年 '84朝日現代クラフト展招待出品
昭和60年 京都府選抜展、京都市美術館選抜「現代作家15人展」に出品
平成17年 十五代を襲名
DSC_0917.JPG

南鐐を深みのある良い色(グレー薄紫)に色付けしています。
DSC_0918.JPG

作者共箱。
DSC_0919.JPG

径25,8センチ
DSC_0915.JPG

価格は6万8千円です。

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小西康 WEBSHOP
茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

橋村萬象 唐草絵 爪紅 曲菓子盆

2016年2月6日(土)

橋村萬象造 唐草絵 爪紅 曲菓子盆が入りました。

低い高台風の足を付けているので扱いやすくなっています。
DSC_0911.JPG

内は黒真塗です。様々なお菓子に合います。
DSC_0912.JPG

杉木地が綺麗です。
DSC_0913.JPG

作者共箱。
DSC_0914.JPG

径23,5センチ
DSC_0911.JPG

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小西康 WEBSHOP
茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

而妙斎家元御筆写 寿の字 青海盆 漆專堂 漆園

2015年12月28日(月)

漆專堂 漆園造 而妙斎家元御筆写 寿の字 青海盆が入りました。

松の木地が透けて木目が美しい。
DSC_0631.JPG

薄く轆轤で挽いています。
DSC_0632.JPG

京都市下京区の岡本漆專堂は戦前から「おかせん」の愛称でお茶人さんに親しまれています。

DSC_0633.JPG

作者共箱。
DSC_0634.JPG

径25センチ
DSC_0631.JPG

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小西康 WEBSHOP
茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ