<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

永楽善五郎 得全 呉須赤絵写 鉢

2019年6月11日(火)

 

永楽善五郎 得全造 呉須赤絵写 鉢を入手しました。

 

DSC_0775.JPG

 

呉須赤絵ごすあかえ
中国陶磁器の一様式をさす日本での呼称。染付のなかで厚手の胎作り,奔放な絵文様をもつ磁器を日本では一般に「呉須手」と称したが,これと似た作りで絵文様が赤を主体として黄,緑,青の釉色のかかったものを呉須赤絵と呼んだ。明末,清初に中国の南部,福建や広東方面で生産され各地に輸出された。

 

 

DSC_0776.JPG

 

永樂得全(14代) (1852年-1909年)
嘉永6年生まれ、京都の人。12代永楽和全の長男で14代善五郎。
三井家、鴻池家の庇護を受け、仁清写、呉須赤絵を得意とする。
明治42年没 57歳。

 

 

DSC_0777.JPG

 

見込みには「珍」の字。

DSC_0771.JPG

 

高台も明時代のものを写しています。

DSC_0772.JPG

 

得全の印。

DSC_0774.JPG

 

100年少し前の作品です。

DSC_0778.JPG

 

作者共箱。

DSC_0779.JPG

 

径17,1センチ  高7,7センチ  綺麗な状態です。

DSC_0775.JPG

 

価格は50,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

四代三浦竹泉 遊魚紋 菓子鉢

2019年5月16日(木)

 

四代三浦竹泉造 遊魚紋 菓子鉢を入手しました。

 

DSC_0718.JPG

 

色絵染付の技法で描いています。色の発色が綺麗な作品です。

DSC_0719.JPG

 

 

DSC_0720.JPG

 

 

DSC_0721.JPG

 

四代 三浦竹泉 1911(明治44)年〜1976(昭和51)年
四代三浦竹泉は2代三浦竹泉の長男として京都に生まれる。
名を庸蔵(後に竹泉)、号を篩月庵。
1931(昭和6)年、4代三浦竹泉を襲名。
1972(昭和47)年、長男・徹に家督を譲って隠居。
作風は極めて巧緻にして優美。

 

DSC_0722.JPG

 

 

DSC_0723.JPG

 

作者共箱。

DSC_0724.JPG

 

径18,8センチ   高8,5センチ

DSC_0718.JPG

 

価格は48,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

初代小川長楽 鉄鉢形 赤菓子器

2019年5月4日(土)

 

初代小川長楽造 鉄鉢形 赤菓子器を入手しました。

 

DSC_0643.JPG

 

鉄鉢 てっぱつ
鉄製の鉢。僧が托鉢(たくはつ)の時などに、食物を受けるのに用いる鉄の容器。他に瓦鉢、石鉢、木鉢などがある。てっぱち。

 

DSC_0644.JPG

 

赤樂ですが色の変化を楽しめます。

DSC_0645.JPG

 

 

DSC_0646.JPG

 

 

高台が無いため畳に置くと不安定だが、それも又楽しい。

DSC_0647.JPG

 

初代長楽の印

DSC_0648.JPG

 

小川長楽 初代 1874〜1939
1886年、11代楽吉左衛門(慶入)に弟子入
1904年、12代楽吉左衛門(弘入)の命を受け独立
1906年 建仁寺4世竹田黙雷より「長楽」を、裏千家13代圓能斎より「長友軒」の号を授かり京都・五条坂、若宮八幡宮近くに長楽窯を築窯
1911年、京都市左京区岡崎天王町に移窯

 

作者共箱。

DSC_0642.JPG

 

径17,8センチ   高9,0センチ

 

DSC_0643.JPG



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

平安紫光 三島喰篭

2019年3月11日(月)

 

平安紫光造 三島喰篭が入りました。

 

DSC_0068.JPG

 

三島の特徴はうつわの表面に彫りを入れ、白土を埋め込んでいる装飾にあります。これを象嵌といいます。つまり白土の象嵌模様は三島の特徴といえます。

 

DSC_0069.JPG

 

 

DSC_0070.JPG

 

至るところにいわゆる「ごほん」が出ています。

DSC_0071.JPG

 

作者共箱。

DSC_0073.JPG

 

径19,4センチ   高12センチ

DSC_0072.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

永楽善五郎 妙全 呉須写赤絵鉢

2019年3月2日(土)

 

永楽善五郎 妙全造 呉須写赤絵鉢を入手しました。

 

DSC_0073.JPG

 

呉須赤絵ごすあかえ
中国陶磁器の一様式をさす日本での呼称。染付のなかで厚手の胎作り,奔放な絵文様をもつ磁器を日本では一般に「呉須手」と称したが,これと似た作りで絵文様が赤を主体として黄,緑,青の釉色のかかったものを呉須赤絵と呼んだ。明末,清初に中国の南部,福建や広東方面で生産され各地に輸出された。

 

DSC_0074.JPG

 

永樂妙全(1852年 - 1927年10月1日)は、京都の女性陶芸家。本名は悠。夫は永樂得全(14代 土風炉師・善五郎)。 善五郎を襲名する事はなかったが、技量に優れ作品への評価は高い。

 

DSC_0075.JPG

 

見込みには悦の文字。

DSC_0076.JPG

 

全体に綺麗な状態です。

DSC_0077.JPG

 

 

DSC_0078.JPG

 

作者共箱。

DSC_0079.JPG

 

径18,2センチ   高8,1センチ

DSC_0073.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

二代山口錠鐵 織部 木瓜形 喰籠

2019年2月26日(火)

 

二代山口錠鐵造 織部 木瓜形 喰籠が入りました。

 

DSC_0055.JPG

 

昭和50年頃の作品です。

 

DSC_0056.JPG

 

織部焼の中でも最も有名なのが、こちらの緑色の釉薬が掛かった青織部です。

 

DSC_0057.JPG

 

二代山口錠鐵 やまぐち ていてつ(1914〜1998年)
「瀬戸赤津の窯屋山口」として作陶に従事してきた山口家当主が
代々継承する名前。
初代は技術保存登録賞を受け、その父の元で二代目は作陶技術を学ぶ。
伝統工芸師に認定され、京都南禅寺管長菊僊老大師に賞される。
現在は三代目。

 

DSC_0058.JPG

 

 

DSC_0059.JPG

 

 

DSC_0060.JPG

 

作者共箱。

DSC_0054.JPG

 

巾19センチ   高9センチ

DSC_0055.JPG

 

価格は19,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

中川浄益 南鐐 片木目菓子盆

2019年2月10日(日)

 

十代中川浄益造 南鐐 片木目菓子盆を入手しました。

 

南鐐に浄益独特の色付けが美しい。

DSC_1352.JPG

 

風炉の時期になると、このヒンヤリした菓子器がお茶会や茶事に登場します。

 

DSC_1353.JPG

 

銀を打ち出して形成し、片木目風にしています。

 

DSC_1354.JPG

 

 

DSC_1355.JPG

 

十代浄益(淳三郎・紹心、1880年 - 1940年) 九代の息子。

早くから大阪の道具商のもとに修行に出される。父の死により家督を相続。

第一次世界大戦勃発による軍需景気にのり負債を完済、中川家再建の基盤を作る。

代表作「青金寿老」「布袋像2体」(以上三井家蔵)「祇園祭岩戸山柱金具」

 

中川浄益と彫りがあります。

DSC_1356.JPG

 

作者共箱。

DSC_1357.JPG

 

径22センチ   高1,8センチ

DSC_1352.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

樂惺入 輪花 黄釉 手鉢

2019年2月8日(金)

 

楽惺入造 輪花 黄釉手鉢を入手しました。

 

DSC_1192.JPG

 

惺入が桃山時代の黄瀬戸を良く写しています。

桃山時代を代表する焼き物のひとつに黄瀬戸がある。黄瀬戸には、透明で光沢があり俗に「菊皿手」「ぐい呑み手」と呼ばれるものと、油揚のような潤いのある釉調の「菖蒲手」「油揚手」と呼ばれるものとがある。特に後者は温雅な作風で茶器としてすぐれたものが多い。

 

DSC_1194.JPG

 

鎌倉時代の古瀬戸の流れを汲む釉が変化して、天正年間にいわゆる油揚手の黄瀬戸が生まれた。その全盛期を迎えた天正末から文禄、慶長期には、油揚手だけではなくよく釉の溶けたものも多く焼かれ、鉢や向付などの食器類が圧倒的に多く生産された。

 

DSC_1193.JPG

 

小振りの大きさで、主菓子ですと3個でいっぱいです。

 

DSC_1195.JPG

 

 

DSC_1196.JPG

 

手には宝珠の透かしがあります。

DSC_1197.JPG

 

輪花を象った口縁部や器内には草花の印刻文が施されている。

 

DSC_1198.JPG

 

綺麗な状態です。

DSC_1199.JPG

 

作者共箱。(里ん花 黄薬手鉢 楽吉左衛門)

DSC_1387.JPG

 

径18センチ   高10センチ

DSC_1200.JPG

 

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

飛来一閑 宗全好 四方盆

2019年1月22日(火)

 

十三代飛来一閑造 宗全好 四方盆を入手しました。

 

DSC_1146.JPG

 

十三代飛来一閑(安政6年(1859年) - 大正2年(1913年)12月21日)
十一代の長男の息子、十二代の甥。明治28年(1895年)に家督相続。
「飛来有水」という号で俳人として著名。法名「釋了閑」

DSC_1147.JPG

 

 

 

 

 

DSC_1148.JPG

 

久田宗全 ひさだそうぜん
1647−1707 江戸時代前期の茶人。
正保(しょうほ)4年生まれ。久田宗利の子。母は千宗旦の娘くれ。久田家3代。
楽茶碗や花入れなど茶道具の手作りを得意とし,宗全籠(かご)花入れは著名である。宝永4年5月6日死去。61歳。
本姓は本間。通称は勘兵衛。号は徳誉斎,半床庵。屋号は雛屋。
表千家六代 覚々斎の父でもある。

 

 

DSC_1149.JPG

 

 

DSC_1150.JPG

 

作者共箱。「宗全好 四方盆 青漆底朱」

DSC_1145.JPG

 

21,5四方   高3センチ

DSC_1146.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

永楽善五郎 妙全 呉須赤絵 鉢

2018年10月5日(金)

 

永楽善五郎 妙全造 呉須赤絵 鉢が入りました。

 

中国、明時代の鉢を大正の頃に妙全が写しています。

 

DSC_0306.JPG

 

呉須赤絵ごすあかえ

中国陶磁器の一様式をさす日本での呼称。染付のなかで厚手の胎作り,奔放な絵文様をもつ磁器を日本では一般に「呉須手」と称したが,これと似た作りで絵文様が赤を主体として黄,緑,青の釉色のかかったものを呉須赤絵と呼んだ。明末,清初に中国の南部,福建や広東方面で生産され各地に輸出された。

 

DSC_0307.JPG

 

高台や高台の中も古い時代をそのままに写しています。

DSC_0308.JPG

 

永樂妙全(えいらくみょうぜん、1852年 - 1927年10月1日)は、京都の女性陶芸家。本名は悠。夫は永樂得全(14代 土風炉師・善五郎)。 善五郎を襲名する事はなかったが、技量に優れ作品への評価は高い。

 

 

見込みには染付で獅子を描いています。

DSC_0305.JPG

 

作者共箱「牡丹緑葉 呉須赤絵鉢」

DSC_0309.JPG

 

径19,4センチ   高8センチ

DSC_0306.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ