<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

永楽善五郎 即全 仁清写 秋草平茶碗 鵬雲斎宗匠

2018年6月23日(土)

 

永楽善五郎 即全造 仁清写 秋草平茶碗を入手しました。

 

DSC_1897.JPG

 

秋草と銀の月が大胆に描かれています。

 

DSC_1898.JPG

 

 

DSC_1899.JPG

 

雅な図案です。

 

DSC_1900.JPG

 

 

DSC_1901.JPG

 

 

DSC_1903.JPG

 

鵬雲斎宗匠のお箱書。

DSC_1904.JPG

 

溜塗の外箱が付いています。

DSC_1905.JPG

 

作者共箱。

DSC_1906.JPG

 

径13,8センチ   高5,5センチ

DSC_1897.JPG

 

価格は22万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

三浦竹軒 波濤絵 茶碗

2018年6月5日(火)

 

三浦竹軒造 波濤絵 茶碗を入手しました。

 

DSC_1742.JPG

 

色絵と金で波と飛沫を描いています。

 

DSC_1743.JPG

 

白い素地も美しい。

 

DSC_1744.JPG

 

見込みには薄く朱色が出ています。

 

DSC_1746.JPG

 

三浦竹軒
陶芸家。明治33年(1900)京都生。初代竹泉の三男。はじめ三代を継いだが、昭和9年別家して竹軒と改号。金襴手を得意とし、仁清、乾山風の華麗な茶道具。花器が中心。政府認定技術保存資格者。京都伝統陶芸家協会員。京都住。

 

作者共箱。

DSC_1755.JPG

 

径11,8センチ   高7センチ

DSC_1742.JPG

 

価格は16,500円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

三浦竹軒 松絵 茶碗

2018年6月4日(月)

 

三浦竹軒造 松絵茶碗が入りました。

 

DSC_1738.JPG

 

絵付け、形、共に尾形乾山を写しています。

 

DSC_1739.JPG

 

高台も大きめで低くし、乾山を写しています。

 

DSC_1740.JPG

 

三浦竹軒

陶芸家。明治33年(1900)京都生。初代竹泉の三男。はじめ三代を継いだが、昭和9年別家して竹軒と改号。金襴手を得意とし、仁清、乾山風の華麗な茶道具。花器が中心。政府認定技術保存資格者。京都伝統陶芸家協会員。京都住。

 

DSC_1741.JPG

 

作者共箱。「模乾山作松図茶碗」とあります。しみが出ています。

 

DSC_1754.JPG

 

径11,2センチ   高7,8センチ

DSC_1738.JPG

 

価格は18,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

膳所焼 岩崎新定 沓形茶碗

2018年5月18日(金)

 

膳所焼 岩崎新定造 沓形茶碗が入りました。

 

DSC_1330.JPG

 

茶褐色の膳所釉薬と白い釉薬の掛け分けになっています。

 

DSC_1331.JPG

 

轆轤あとを景色にしています。

 

DSC_1332.JPG

 

釉の流れも楽しめます。

 

DSC_1333.JPG

 

岩崎新定(いわさき しんじょう)1913年 滋賀県で生まれる。
遠州七窯の膳所(ぜぜ)焼を再興させた陶芸家・岩崎健三の長男。
京都高等工芸学校陶磁器科を卒業
1985年 滋賀県文化賞を受賞
  滋賀県伝統的工芸品に指定
1987年 膳所焼美術館を設立
1991年 通産省より伝統産業功労者表彰
2009年 10月26日逝去

 

DSC_1334.JPG

 

割高台できれいな状態。

 

DSC_1335.JPG

 

 

作者共箱。

DSC_1329.JPG

 

 

径13,3センチ   高7センチ

DSC_1330.JPG

 

価格は20,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

七代高橋道八 色絵立鶴の図茶碗

2018年5月15日(火)

 

七代高橋道八造 色絵立鶴の図茶碗を入手しました。

 

DSC_1323.JPG

金と鉄絵で立鶴を茶碗全体に描いています。

 

丹頂鶴、頭の赤もきいています。

DSC_1325.JPG

 

高台も綺麗な状態です。

DSC_1326.JPG

 

七代 高橋道八(明治43年(1910年)11月21日 - 昭和58年(1983年)) 本名「光一」。

DSC_1327.JPG

 

作者共箱。

DSC_1328.JPG

 

径11,6センチ   高8,8センチ

DSC_1324.JPG

 

価格は78,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

膳所焼 岩崎新定 色絵雲錦茶碗

2018年5月7日(月)

 

膳所焼 岩崎新定造 色絵雲錦茶碗が入りました。

 

DSC_1257.JPG

 

青楓、紅葉があり、桜を全体に廻しています。

DSC_1259.JPG

 

 

DSC_1260.JPG

 

岩崎新定(いわさき しんじょう)1913年 滋賀県で生まれ。
遠州七窯の膳所(ぜぜ)焼を再興させた陶芸家・岩崎健三の長男。
京都高等工芸学校陶磁器科を卒業
1985年 滋賀県文化賞を受賞
  滋賀県伝統的工芸品に指定
1987年 膳所焼美術館を設立
1991年 通産省より伝統産業功労者表彰
2009年 10月26日逝去

 

DSC_1261.JPG

 

金雲砂子が綺麗です。

DSC_1262.JPG

 

作者共箱。

DSC_1263.JPG

 

 

径12,4センチ   高6センチ

DSC_1260.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

古曽部焼 寒川義崇 秋月画 兼中斎 自画茶碗

2018年5月5日(土)

 

古曽部焼 寒川義崇造 秋月画茶碗が入りました。

 

芒の上に大きく月が描かれています。

DSC_1264.JPG

 

兼中斎宗匠のお箱書き、「古曽部焼 秋月茶碗 画自筆」とあります。

 

DSC_1268.JPG

 

御花押もございます。

DSC_1265.JPG

 

寒川義崇 さむかわ よしたか

1951年生
1972年 大阪芸術大学芸術学部を卒業する
    同大学福手として勤務する
1974年 大阪美術倶楽部・・市田朝芳庵に
    茶道具と古美術を学ぶ
1978年 高槻市川久保の地に登り窯を築く
1979年 古曽部焼を再興する

 

初代・寒川栖豊の末子として生まれる。遠州七窯のひとつ「古曽部焼」は1790年頃に五十嵐新平によって始められたとされていますが、明治末期に窯の火が絶えてしまいました。その古曽部焼の古窯を再興し、古曽部の特徴である三島手絵高麗写など様々なものを制作し、独自の作風を確立し、多くの茶道具を制作している。

 

DSC_1266.JPG

 

 

DSC_1267.JPG

 

作者共箱。

DSC_1269.JPG

 

径11,8センチ   高7センチ

DSC_1264.JPG

 

価格は20,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

膳所焼 岩崎新定 茶碗 而妙斎御家元 尋牛斎宗匠

2018年5月3日(木)

 

膳所焼 岩崎新定造 茶碗が入りました。

 

DSC_1274.JPG

 

 

 

DSC_1270.JPG

 

而妙斎御家元の万々歳の文字が金ではいっています。

 

尋牛斎宗匠の玉の絵が鉄絵で描かれています。

 

DSC_1273.JPG

 

而妙斎御家元の「字の型」と尋牛斎宗匠の「絵の型」をとり数碗出来た作品です。

 

DSC_1271.JPG

 

岩崎新定(いわさき しんじょう)1913年 滋賀県で生まれ。

遠州七窯の膳所(ぜぜ)焼を再興させた陶芸家・岩崎健三の長男。
京都高等工芸学校陶磁器科を卒業
1985年 滋賀県文化賞を受賞
  滋賀県伝統的工芸品に指定
1987年 膳所焼美術館を設立
1991年 通産省より伝統産業功労者表彰
2009年 10月26日逝去

 

DSC_1275.JPG

 

高台も綺麗な状態です。

DSC_1276.JPG

 

作者共箱。

DSC_1277.JPG

 

径12,7センチ   高8,6センチ

DSC_1274.JPG

 

価格は11,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

長岡空権 出雲茶碗 鵬雲斎宗匠

2018年4月19日(木)

 

長岡空権造 出雲茶碗を入手しました。

 

DSC_1210.JPG

 

高麗茶碗、伊羅保写しです。

 

伊羅保茶碗とは、高麗茶碗の一種で、多くは江戸時代初期に日本からの注文で作られたと考えられています。伊羅保の名前は、砂まじりの肌の手触りがいらいら(ざらざら)しているところに由来するとされています。

 

 

DSC_1211.JPG

 

内外に刷毛目を施しています。

DSC_1212.JPG

 

11代 長岡空権 (昭和4)年生
10代長岡空處の長男として島根県松江市に生まれる。
1960(昭和35)年、11代坂高麗左衛門に師事。
1965(昭和40)年、11代長岡住右衛門を襲名。
1987(昭和62)年、日本工芸会正会員。
2000(平成12)年、島根県指定無形文化財に認定。
伝統的技術を墨守して伊羅保茶碗を中心に作陶を展開。

 

DSC_1213.JPG

 

竹節高台に兜巾は、伊羅保茶碗や刷毛目茶碗の名碗によく見られます。

こちらの茶碗もよく写しています。

DSC_1214.JPG

 

鵬雲斎宗匠のお箱書き。

DSC_1215.JPG

 

作者共箱。

DSC_1216.JPG

 

径14,5センチ   高6,8センチ

DSC_1210.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

琴浦窯 和田桐山 刷毛目 楓葉茶碗

2018年4月9日(月)

 

和田桐山造 刷毛目 楓葉茶碗が入りました。

 

DSC_1182.JPG

 

内外全体に刷毛目を施し、楓の葉を抜き模様にしています。

 

DSC_1181.JPG

 

青楓と紅葉、2シーズンにお使い頂けます。

DSC_0001.JPG

 

刷毛目の筆使いに勢いがあり、しみじみとした風情を感じます。

DSC_0002.JPG

 

約40年前の作品です。

DSC_0003.JPG

 

三代和田桐山 大正6年-平成6年(1917-1994)
兵庫県生まれ。
陶芸を初代桐山に、絵付を牛尾桃里、金島桂華に師事。
茶道、煎茶道、華道を修める。 京焼きを得意とする。
昭和52年(1977)、三代桐山襲名、琴浦窯を継承。

 

DSC_0004.JPG

 

作者共箱。

DSC_1179.JPG

 

径13,2センチ   高7,3センチ

DSC_1182.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ