<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

二代宮川香雲 三島手 数茶碗 十客

2018年12月11日(火)

 

二代宮川香雲造 三島手 数茶碗 十客が入りました。

 

「花三島」と呼ばれる手です。

 

DSC_0972.JPG

 

元来、三島茶碗(みしまちゃわん) とは、高麗茶碗の一種で、李朝初期15〜16世紀の慶尚南道で焼かれたとされ、雲鶴に次いで古いと考えられています。
鉄分が多い鼠色の素地に、印や箆(へら)や櫛(くし)で紋様をつけ、白土の化粧土を塗った後、削り又は拭き取り仕上げをし、長石釉や木灰釉を掛けて焼成した白象嵌の陶器です。

 

DSC_0973.JPG

 

二代宮川香雲

昭和13年生まれ。京都府出身。父は、宮川 香斎家から分家した龍谷焼初代宮川 香雲。宮川香斎家の別家で先代香斎の甥。昭和55年、二代香雲襲名。

 

 

DSC_0974.JPG

 

 

DSC_0975.JPG

 

作者共箱。

DSC_0976.JPG

 

 

径12,1センチ   高7,2センチ

DSC_0972.JPG

 

価格は70,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

四代真清水蔵六 亥年 銹絵茶碗

2018年12月7日(金)

 

四代真清水蔵六造 亥年 銹絵茶碗が入りました。

 

DSC_0952.JPG

 

四代真清水蔵六
家業をよく守り、青磁、粉引、色絵などの技法を得意とし、茶道具を中心として製作する。個展を中心に活躍し伝統の美と技を伝えている。

 

DSC_0953.JPG

 

亥の朱のハンコも押しています。

DSC_0954.JPG

 

 

DSC_0955.JPG

 

作者共箱。平成19年、一回り前の作品です。

DSC_0956.JPG

 

径12,5センチ   7センチ

DSC_0952.JPG

 

価格は11,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

皇太子徳仁親王 ご即位の慶事に因み お茶碗を二点ご紹介

2018年11月2日(金)

 

本日は皇太子徳仁親王 即位に因み、お茶碗を二点ご紹介いたします。

 

この度、126代天皇にご即位される慶事を祝う、記念のお茶碗です。

 

まず一碗目は浩宮様のお印である「梓(あずさ)」を正面に、菊花紋を背面に描いたお茶碗です。

 

DSC_0729.JPG

 

京都、清水焼 洛陶窯 相模竜泉造 木箱入りの共箱です。

DSC_0730.JPG

 

 

DSC_0731.JPG

 

 

DSC_0732.JPG

 

径12,6センチ   高8、4センチ

 

DSC_0729.JPG

 

新作。

価格は19,800円です。

 

 

 

二碗目は

正面に菊花紋を置き、両サイドに浩宮様のお印である「梓」と雅子妃のお印である「ハマナス」を吉祥唐草文様に配して描きました。

 

DSC_0733.JPG

 

 

DSC_0734.JPG

 

 

DSC_0736.JPG

 

京都、清水焼 森里陶楽造 木箱入り 共箱。

 

DSC_0735.JPG

 

径12,1センチ   高7,9センチ

DSC_0733.JPG

 

新作。

価格は16,200円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

永楽善五郎 妙全 安南絞手 蜻蛉茶碗

2018年10月11日(木)

 

永楽善五郎 妙全造 安南絞手 蜻蛉茶碗を入手しました。

 

DSC_0228.JPG

 

安南焼

室町時代末期〜江戸時代に安南 (ベトナム) から渡来した焼物で茶人に好まれた。無地安南,呉須安南,安南青磁,安南赤絵,安南絞り手 (染付) などの種類がある。胎土は白色であるが,釉 (うわぐすり) は青みがかっている。

 

DSC_0230.JPG

 

口をやや三角形にしています。

DSC_0229.JPG

 

河賓支流の印を使用しています。

DSC_0231.JPG

 

DSC_0231 - コピー.JPG

 

印の横に窯からのホツレがあります。当りや傷ではございません。

 

DSC_0233.JPG

 

作者共箱。

DSC_0232.JPG

 

径9,8センチ   高7,5センチ

小振りで手の中にすっぽり収まる大きさです。

DSC_0228.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

中里重利 唐津皮鯨茶碗

2018年10月10日(水)

 

中里重利造 唐津茶碗を入手しました。

 

DSC_0246.JPG

 

中里重利(1930年 - 2015年)は、陶芸家。佐賀県唐津市出身。
父は12代中里太郎右衛門(無庵)。兄は13代中里太郎右衛門。
1952年、日展初入選。
1973年、唐津市に築窯。
1985年、佐賀県芸術文化功労賞受賞。
1986年、日展評議員。
2015年5月12日、腎不全のため死去。84歳没。

 

 

DSC_0248.JPG

 

 

DSC_0249.JPG

 

皮鯨とは
唐津の茶碗やぐい呑みに見られる装飾のひとつに皮鯨(かわくじら)があります。これは口縁部に黒い縁取りをあしらったものです。名の由来は口縁部の黒を鯨の皮(背中側)、うつわ本体の白茶〜灰色を鯨の身(腹側)になぞらえたことによります。この黒色は鉄絵具によるものです。

 

DSC_0247.JPG

 

作者共箱。

DSC_0251.JPG

 

径15,6センチ   高6,6センチ

DSC_0246.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

九代大樋長左衛門 飴釉 筒茶碗

2018年10月3日(水)

 

九代大樋長左衛門造 飴釉 筒茶碗を入手しました。

 

DSC_0301.JPG

 

昭和10年代、戦前の作品です。

 

箆目や釉薬の濃淡を楽しめる茶碗です。

DSC_0303.JPG

 

九代大樋長左衛門
陶芸家。金沢生。昭和9年に大樋焼本家窯元九代目を襲名。中興の祖である五代勘兵衛に匹敵する名工といわれた。日本工芸会正会員。昭和61年(1986)歿、84才

 

DSC_0302.JPG

 

高台も釉薬を掛け 総薬にしています。

大樋の丸印を押しています。

DSC_0304.JPG

 

作者共箱。

DSC_0295.JPG

 

径9,5センチ   高9,5センチ

DSC_0301.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

十二代田原陶兵衛 松葉絵 割高台萩茶碗

2018年10月2日(火)

 

十二代田原陶兵衛造 松葉絵 萩茶碗を入手しました。

 

DSC_0208.JPG

 

内、外 全体に御本が出ています。高麗茶碗を模した出来の良い茶碗です。

 

DSC_0209.JPG

やや高めの割高台にしています。

 

 

DSC_0210.JPG

 

茶碗 腰の部分に五つの松葉を描いている珍しい茶碗です。

DSC_0211.JPG

 

作者共箱。

DSC_0212.JPG

 

径12センチ   高8センチ

DSC_0208.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

高橋道八 色絵七宝つなぎ 茶碗

2018年1月27日(日)

 

七代高橋道八造 色絵七宝つなぎ 茶碗が入りました。

年中使える綺麗な茶碗です。

DSC_0135.JPG

 

金、青、緑、赤で菊菱七宝文様を描いています。

DSC_0136.JPG

 

 

 

高橋 道八(たかはし どうはち)は京焼(清水焼)の窯元の一つで、

陶芸家の名跡。

江戸時代後期より作陶に携わり、特に茶道具、煎茶器の名品を輩出。

当代は八代目。

DSC_0138.JPG

 

七代 道八(明治43年(1910年)11月21日 - 昭和58年(1983年))本名「光一」。

 

 

 

DSC_0139.JPG

 

作者共箱。

DSC_0140.JPG

 

径11.7センチ   高8センチ

DSC_0136.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

永楽善五郎 即全 鶏絵茶碗 鵬雲斎宗匠

2018年9月13日(木)

 

永楽善五郎 即全造 鶏絵茶碗を入手しました。

 

DSC_0152.JPG

 

鵬雲斎宗匠の御箱書。

DSC_0157.JPG

 

 

DSC_0153.JPG

 

乾山の写しです。

DSC_0154.JPG

 

16代 永樂善五郎(即全) 1917(大正6)年〜1998(平成10)年
15代永樂善五郎(正全)の長男として京都に生まれる。
1935(昭和10)年、16代永樂善五郎を襲名。
1958(昭和33)年、源氏物語五四帖に因んだ連作を発表。
1960(昭和35)年、京都伝統陶芸家協会の結成に参加して会長に就任。
1971(昭和46)年、表千家13代即中斎宗匠より「陶然軒」の席号を授かる。
1983(昭和58)年、京都府文化功労賞を受賞。
1985(昭和60)年、文部省より地域文化功労者として表彰を受ける。
1986(昭和61)年、京都市文化功労者として表彰を受ける。
1990(平成2)年、勲五等瑞宝章を受章。
1992(平成4)年、京都府文化賞特別功労賞を受賞。
1998(平成10)年、長男・紘一に家督を譲って隠居し「即全」と号す

 

 

DSC_0155.JPG

 

千家十職による千松会等を開催し、茶陶界において精力的に活動しました。
作品は染付、色絵、金襴手、交趾、祥瑞、乾山等、華麗で伝統的な茶陶を中心とした。

 

DSC_0156.JPG

 

 

DSC_0159.JPG

 

作者共箱。

DSC_0160.JPG

 

径11センチ   高7,8センチ

DSC_0152.JPG

 

価格は85,000円です



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

永楽善五郎 即全 仁清写 若松茶碗

2018年9月12日(水)

 

永楽善五郎 即全造 仁清写 若松茶碗を入手しました。

 

緑、茶、金で描かれた若松に朱色の刷毛目が良く合い、華やかさを出しています。

 

DSC_0143.JPG

 

永樂即全(16代) (1917年-1998年)
京都市に生まれる。父は十五代永楽正全。
父亡き後、昭和9年に善五郎を襲名する。
34年結成の 京都伝統 陶芸協会 初代会長。
三千家の職方として務めをはたすとともに、千家十職による千松会や十備会に出品。

 

DSC_0144.JPG

 

 

DSC_0145.JPG

 

 

DSC_0146.JPG

 

昭和60年頃の作品ですが、大変綺麗な状態です。

 

DSC_0147.JPG

 

 

DSC_0141.JPG

 

 

DSC_0142.JPG

 

径12,3センチ    高8,1センチ

DSC_0143.JPG

 

価格は80,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ