<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

出雲 楽山焼 内刷毛目茶碗

2019年2月14日(木)

 

出雲 楽山焼 内刷毛目茶碗を入手しました。

 

江戸時代初期の出雲焼は楽山焼と布志名焼に大別できます。

 

DSC_1116.JPG

 

外側は轆轤目を腰部分から上部まで施しています。

DSC_1117.JPG

 

楽山焼は江戸初期、当時二代松平綱隆公が毛利公に萩焼の陶工を依頼しますが実現したのは三代松平綱近の時代(1677年)であったといわれます。
創窯者に倉崎権兵衛、加田半六らがいます。権兵衛の特徴は重厚な伊羅保写茶碗に見られ楽山特有の鉄分の多いやや赤みのかかった土味が見受けられます。

 

DSC_1115.JPG

 

二代半六の茶碗は、権兵衛の重厚さとは異なりねっとりとした土味と轆轤のきいた茶碗がみられます。半六は二代より四代まで続きますが作風は特定できません。
 

DSC_1118.JPG

 

その後八代藩主松平不昧公の時代になると藩命により長岡住右衛門を召し出され再興します。一般的に初代長岡住右衛門と言われますが、倉崎権兵衛より数えると楽山焼五代目となります。作風は小石まじりの土を用いロクロ目のきいた不昧公の御好みに沿った茶碗を残し、不昧公や四女の堀田玉映、家老の有澤宗意の箱書があるものもあります。

 

DSC_1119.JPG

内は勢いのある刷毛目を施しています。

 

DSC_1121.JPG

 

約1700年頃の出雲、楽山焼の茶碗です。

 

DSC_1122.JPG

 

 

DSC_1123.JPG

 

釉だまりや発色の濃淡が景色になっています。

 

DSC_1124.JPG

 

 

竹節高台の中は琵琶色に発色し、兜巾形にしています。

DSC_1125.JPG 

 

 

DSC_1126.JPG

 

薄いニューが一本。

DSC_1428.JPG

 

米粒程のほつれ直しが一か所あります。

DSC_1427.JPG

 

時代の古箱に収まっています。

DSC_1127.JPG

 

径14,5センチ   高8,9センチ

DSC_1118.JPG

 

価格は26万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

九代大樋長左衛門 黒平茶碗 即中斎宗匠

2019年2月13日(水)

 

九代大樋長左衛門造 黒平茶碗を入手しました。

 

九代 大樋長左衛門(1901〜1986) 金沢生。
昭和9年に大樋焼本家窯元九代目を襲名。
中興の祖である五代勘兵衛に匹敵する名工といわれた。
日本工芸会正会員。
昭和61年(1986)、84才

 

DSC_1235.JPG

 

即中斎宗匠のお箱書。「大樋ヤキ 黒平茶碗 銘 蝉ノ小川」 

昭和20年代のご染筆です。

DSC_1234.JPG

 

黒の色艶がよく、景色に変化があります。

DSC_1238.JPG

 

釉薬がトロっと厚めに掛かってますが、手取りも頃合の重さです。

DSC_1237.JPG

 

釉薬の流れが腰のところで止まっていて、見所になっています。

DSC_1240.JPG

 

高台も綺麗な状態です。

DSC_1241.JPG

 

作者共箱。

DSC_1233.JPG

 

径14,0センチ   高5,6センチ

DSC_1236.JPG

 

価格は15万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

久世久宝 網目 平茶碗 鵬雲斎宗匠

2019年2月12日(火)

 

二代久世久宝造 網目 平茶碗を入手しました。

 

DSC_1268.JPG

 

鵬雲斎宗匠のお箱書。昭和40年代のご染筆です。

DSC_1273.JPG

 

白い素地に銀線で描いています。

DSC_1267.JPG

 

平ですが、立てやすい形にしています。

DSC_1266.JPG

 

内外とも綺麗な状態です。

DSC_1271.JPG

 

作者共箱。

DSC_1274.JPG

 

径16,4センチ   高5,2センチ

DSC_1268.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

通次阿山 錆絵 俵に鼠 茶碗

2019年2月9日(土)

 

通次阿山造 錆絵 俵に鼠茶碗が入りました。

鳥獣戯画の画風で描いています。

 

DSC_1363.JPG

 

通次阿山
昭和13年、京都生まれ。日本画を池田道夫に師事し、陶芸の指導を父、寛斎に受ける。日本画の技を絵付にいかし、繊細な絵画風京焼の茶陶を制作。

 

DSC_1364.JPG

 

大黒天や大国主命の神使は共に鼠とされています。

又、大黒さんは七福神の1つとして頭巾をかぶり,右手に小槌,左手に袋を持ち米俵の上に乗っています。

 

DSC_1365.JPG

 

米俵と鼠は大黒さんに関連があります。

 

DSC_1366.JPG

 

素地には御本や赤み、灰色などが発色しています。

DSC_1367.JPG

 

作者共箱。

DSC_1368.JPG

 

径11,5センチ   高8,3センチ

DSC_1363.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

川嵜和楽 福笑い茶碗

2019年2月7日(木)

 

川嵜和楽造 福笑い茶碗が入りました。

 

DSC_1375.JPG

 

内は香炉釉にしています。

DSC_1376.JPG

 

楽焼窯元 和楽

初代が、楽焼窯元『短冊家』を開いたのは、約百八十年前、江戸時代末期 文政年間。名を七左衛門、京都祇園八坂神社鳥居前茶屋 『短冊楼』 の主でした。

大正七年秋、東郷平八郎元帥ご入洛の際、『和楽』なる直筆の号を拝領する。

 

DSC_1377.JPG


平成28年6月より、川嵜基生(八代)が、当主となり歴史ある窯元として、楽焼の伝統をまもり続けている。

 

DSC_1378.JPG

 

作者共箱。(七代、川嵜康男の作)

DSC_1379.JPG

 

径10,7センチ   高8,5センチ

DSC_1375.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

膳所焼 岩崎新定 紅白梅 茶碗

2019年2月5日(火)

 

膳所焼 岩崎新定造 水に紅白梅絵 茶碗が入りました。

 

俗に光琳水と呼ぶ絵柄です。

DSC_1369.JPG

 

右に紅梅。

DSC_1370.JPG

 

左に白梅。

DSC_1371.JPG

 

 

DSC_1372.JPG

 

作者共箱。

DSC_1374.JPG

 

径11センチ   高8センチ

DSC_1369.JPG

 

 

 

 

 

 

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

楽 覚入 注連縄絵 香炉釉茶碗 淡々斎

2019年2月4日(月)

 

楽 覚入造 注連縄絵 香炉釉茶碗を入手しました。

 

DSC_1137.JPG

 

淡々斎宗匠のお箱書。

DSC_1144.JPG

 

注連縄を内外に描いています。

DSC_1139.JPG

 

香炉釉の貫入が全体に綺麗に入っています。

DSC_1138.JPG

 

十四代 楽吉左衛門・覚入(当代は十五代)
大正  7年(1918) 惺入の長男として生まれる。
昭和15年(1940) 東京美術学校(藝大)彫刻科を卒業。
20年(1945) 終戦後帰国し、十四代吉左衞門を襲名。
55年(1980) 61歳で逝去

 

DSC_1142.JPG

 

景色も変化にとんでいます。

 

DSC_1140.JPG

 

赤茶碗の土を使っています。

DSC_1141.JPG

 

作者友箱。

DSC_1143.JPG

 

径11,3センチ   高9,5センチ

DSC_1137.JPG

 

価格は38万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

佐々木昭楽 光悦雪片写 赤筒茶碗

2019年2月3日(日)

 

佐々木昭楽造 本阿弥光悦 雪片写 赤筒茶碗が入りました。

 

DSC_1358.JPG

 

 

DSC_1359.JPG

 

佐々木昭楽
1944年 京都に生まれる。1962年 父、二代松楽に師事
赤楽、黒楽といった楽焼の伝統を守りながら、茶陶として雅味のある作品づくりに力を注いでおられます。また観賞用ではなく、お茶席やご家庭で楽しくお茶が飲める茶碗づくりをモットーに作陶されています。初代樂長次郎や本阿弥光悦などの大家が生み出した楽焼の名物、その写し物を得意とされています。当代は三代目昭楽。

 

DSC_1360.JPG

 

本阿弥光悦七種の赤筒茶碗 銘「雪片」を写しています。

 

本阿弥光悦は、江戸時代初期の書家、陶芸家、芸術家。書は寛永の三筆の一人と称され、その書流は光悦流の祖と仰がれる。

 

DSC_1361.JPG

 

作者共箱。

DSC_1362.JPG

 

径9センチ   高10センチ

DSC_1358.JPG

 

価格は9,500円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

九代大樋長左衛門 千鳥絵 黒筒茶碗 即中斎

2019年1月28日(月)

 

九代大樋長左衛門造 千鳥絵 黒筒茶碗を入手しました。

 

DSC_1242.JPG

 

表千家十三代 即中斎宗匠のお箱書。

DSC_1250.JPG

 

 

DSC_1243.JPG

 

半筒の形、寒い時期がよく合います。

 

DSC_1244.JPG

 

千鳥 ちどり
《季 冬》「星崎の闇を見よとや啼く千鳥」芭蕉
チドリ目チドリ科の鳥の総称。約60種が南極を除く世界中に分布。くちばしは短く、足の指はふつう3本。海岸や河原で、少し歩いては地をつついてえさをとる。イルカチドリ・シロチドリ・ケリ・コチドリなど。

 

DSC_1245.JPG

 

「千鳥」は昔から色々な題材につかわれます。(狂言、地唄、繁太夫もの、小説、のんこう七種茶碗の一つ、和歌)

 

DSC_1246.JPG

 

九代 大樋長左衛門(1901〜1986)
金沢生。
昭和9年に大樋焼本家窯元九代目を襲名。
中興の祖である五代勘兵衛に匹敵する名工といわれた。
日本工芸会正会員。
十五世裏千家鵬雲斎宗室より陶土斎の号を受ける。
昭和61年(1986)、84才

 

DSC_1247.JPG

 

中年まで使用した「大樋」印を押しています。

DSC_1248.JPG

 

作者共箱。

DSC_1249.JPG

 

径10.3センチ   高9,4センチ

DSC_1242.JPG

 

価格は140,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

高麗 御本半使茶碗

2019年1月15日(火)

 

高麗 御本半使茶碗を入手しました。

 

半使茶碗(はんすちゃわん) とは、高麗茶碗の一種で、判司・判事、判洲などとも書かれます。

 

DSC_1173.JPG

 

御本茶碗(ごほんちゃわん) とは、高麗茶碗の一種で、17〜18世紀にかけて、日本からの注文で焼かれたものをいいます。
御本の名前は、御手本の意で日本で作られた手本(茶碗の下絵や切り形)をもとに朝鮮で焼かれたことが由来です。

 

DSC_1174.JPG

 

これらの茶碗には、胎土の成分から淡い紅色の斑点があらわれることが多く、この斑点を御本または御本手(ごほんで)と呼ぶこともあります。

 

 

DSC_1181.JPG

 

半使の名前は、判司(朝鮮の役官、あるいは通辞という)に宛てた字で、判司が日本に来た時この手の茶碗を持参したことに由来するといわれています。

 

DSC_1180.JPG

 

こちらの茶碗、堅手系の素地の茶碗で、薄く、やや堅い。

 

DSC_1184.JPG

 

内外に赤く斑点の出た、いわゆる「御本」が出ている部分と青味がかっているところが相まじりあい、景色を面白くしています。

 

DSC_1183.JPG

 

釉薬の掛け外しの部分も、景色となっています。

DSC_1178.JPG

 

いわゆる日本からの注文品「御本系の茶碗」は元禄をすぎると、しだいに陶土の集荷が困難になり、享保3年(1718)に閉窯されました。

 

DSC_1179.JPG

 

 

DSC_1175.JPG

 

薄いニューが4〜5本、300〜350年以上の経過からすれば仕方のないことかと。

 

DSC_1176.JPG

 

古箱入り。

DSC_1163.JPG

 

見込みも赤い景色。

DSC_1182.JPG

 

径13,3センチ   高7センチ

DSC_1173.JPG



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ