<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

三浦竹軒 染付山水図 芋頭水指

2017年10月16日(月)

 

三浦竹軒造 染付山水図 芋頭水指を入手しました。

 

DSC_0194.JPG

 

山水芋頭水指は、古染付 形物水指の一つで、口がすぼみ、肩がなく、胴の中程から胴裾にかけて膨らんだ形のもので、胴に山水絵が描かれたものをいいます。
山水芋頭は、共蓋が一般的で、円座のあるものもあります。

DSC_0195.JPG

 

芋頭は、里芋の根茎のことをいい、里芋の形に似ているところからこの名があるといいます。

 

DSC_0196.JPG

 

口廻りと下部に福・寿の文字をまわしています。蓋に細かく卍を書いています。

 

DSC_0197.JPG

 

擬明窯 竹軒造と入っています。

 

DSC_0198.JPG

 

三浦竹軒
陶芸家。明治33年(1900)京都生。初代竹泉の三男。はじめ三代を継いだが、昭和9年別家して竹軒と改号。金襴手、祥瑞、染付を得意とし、仁清、乾山風の華麗な茶道具、花器が中心。政府認定技術保存資格者。京都伝統陶芸家協会員。平成2年(1990)歿、90才。

 

DSC_0165.JPG

 

作者共箱。

 

DSC_0166.JPG

 

径18,2センチ   高16,5センチ 棚にも良く合う大きさです。

 

DSC_0195.JPG

 

価格は5万円です。

 

 

 

 

 

茶道具 水指 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

中村翠嵐 黄交趾 荒磯水指

2017年10月15日(日)

 

中村翠嵐造 黄交趾 荒磯水指を入手しました。

 

DSC_0183.JPG

 

DSC_0184.JPG

 

蓋は溜塗にしています。

 

DSC_0185.JPG

 

中村 翠嵐
二代 中村翠嵐 京都生まれ。 陶磁器上絵付業を営む家に生まれ、高校卒業より父初代翠嵐に師事して、1972年(昭和49年)二代翠嵐を襲名。 交趾焼の技術の上に他の要素を加えた茶陶としての交趾作品を一貫したテーマとした茶陶家。

 

DSC_0186.JPG

 

DSC_0187.JPG

 

内外共に総釉にしています。

 

DSC_0188.JPG

 

作者共箱。

 

DSC_0161.JPG

 

径17,6センチ   高15,1センチ

 

DSC_0184.JPG

 

価格は八万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 水指 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

一瓢斎 唐松蒔絵 大棗 鵬雲斎宗匠

2017年10月8日(日)

 

一瓢斎造 唐松蒔絵 大棗 が入りました。

 

DSC_0979.JPG

 

大小の唐松が金蒔絵で配置良く描かれています。

 

DSC_0980.JPG

 

内は銀溜にしています。

 

DSC_0981.JPG

 

銀地に朱のお花押が綺麗にはいっています。

 

DSC_0982.JPG

 

鵬雲斎宗匠のお書付。

 

DSC_0983.JPG

 

一瓢斎 (一瓢栄造)
昭和十七年、代々続く蒔絵師の家に生まれる。父・六代一瓢斎、清水屋恒民に師事。
茶道具、特に棗を中心に制作。
棗の限られた面に蒔絵の様々な手法を駆使し施す。
昭和五十九年、第十二回工芸産業技術コンクール入選。 京蒔絵工芸会会員。

 

作者共箱。

 

DSC_0984.JPG

 

 

DSC_0979.JPG

 

価格は17万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

一瓢斎 金溜 浜松 大平棗

2017年10月5日(木)

 

一瓢斎造 金溜 浜松蒔絵 大平棗を入手しました。

 

DSC_0973.JPG

 

金鈖をふんだんに使い、平蒔絵・研ぎ出し蒔絵・高蒔絵の技法を駆使しています。

 

DSC_0972.JPG

 

内も豪華な梨地にしています。

 

DSC_0975.JPG

 

鵬雲斎宗匠のお花押。

 

DSC_0976.JPG

 

鵬雲斎宗匠のお箱書きは昭和50年代の染筆です。

 

DSC_0977.JPG

 

作者共箱。一瓢斎(6代 栄一郎)(明治四十一年〜平成十三年)

 

DSC_0978.JPG

 

大振りの平棗でお茶会などで引き立ちます。

 

径9,1センチ   高6,4センチ

DSC_0974.JPG

 



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

京都紫竹ロータリークラブ 青少年事業 食育

2017年10月3日(火)

 

本日は京都紫竹ロータリークラブの奉仕活動の一環として、青少年事業「食育」を行いました。

 

当クラブ会員「京料理 畑かく」主人、新造会員が講師です。

 

上京区の小学校で日本料理の出汁を取り、その出汁を使ってだし巻きを作ります。

DSC_0388.jpg

 

まずは利尻昆布とかつお節のだしの取り方を教えて頂きます。

 

DSC_0385.jpg

 

だし巻きの作り方もご教授頂きます。

 

DSC_0391.jpg

 

さあ子供たち一人づつ だし巻きを巻きます。

 

DSC_0399.jpg

 

みんな目を輝かして楽しそう。

 

DSC_0400.jpg

 

私も生まれて初めてだし巻きに挑戦しました。

 

DSC_0396.jpg

 

右が新造さん、左が私。「見た目と違って難しい!初めてにしては ましかな?」

 

DSC_0397.jpg

 

子供達が興味深々で、取り組んでいる姿を見て「食育」活動 続けていきたいと思いました。

 

 


 

ロータリー活動 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

2017年10月2日 小雨の京都

2017年10月2日   小雨の京都

 

今日は一日 本降りです。

外ショーウインドーを撮影しました。

 

DSC_0372.jpg

 

DSC_0373.jpg

玄室大宗匠の一行書。

 

DSC_0374.jpg

真葛香山 水指。

 

DSC_0375.jpg

常叟好 甲赤茶器。

 

DSC_0376.jpg

小川長楽 黒茶碗。

 

DSC_0377.jpg

浄益 釣船花入。

 

DSC_0378.jpg

 

DSC_0379.jpg

茶道資料館「仏教儀礼と茶」 10月3日〜

 

 

DSC_0380.jpg

表千家北山会館「表千家歴代ゆかりの茶入 茶器 茶杓」  10月14日〜

 

 

DSC_0381.jpg

樂美術館「名碗・ロシアを旅した楽」  9月30日〜

 

DSC_0382.jpg

 

今年は10月4日が中秋の名月ですね。晴れることを祈ります。

 

 

 

 

 

茶道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

三浦竹軒 芒絵 茶碗

2017年10月1日(日)

 

三浦竹軒造 芒絵 茶碗が入りました。

 

乾山写し、あっさりとした絵付けです。

DSC_0938.JPG

 

三浦竹軒
陶芸家。明治33年(1900)京都生。
初代竹泉の三男。はじめ三代を継いだが、昭和9年別家して竹軒と改号。
金襴手を得意とし、仁清、乾山風の華麗な茶道具。花器が中心。
政府認定技術保存資格者。京都伝統陶芸家協会員。京都住。

 

DSC_0939.JPG

 

見込みに朱が出ています。

DSC_0940.JPG

 

高台も綺麗な状態です。

DSC_0941.JPG

 

 

作者共箱。芒図 茶碗 竹軒造。

DSC_0937.JPG

 

径11,8センチ   高7,2センチ

DSC_0938.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

鈴木表朔 一閑塗 切箔ちらし建水

2017年9月30日(土)

 

二代 鈴木表朔 一閑塗 切箔ちらし建水を入手しました。

 

下地の和紙の風合いを残した作品です。

DSC_0942.JPG

 

溜塗に金箔を張っています。

内と底は黒塗りです。

 

DSC_0943.JPG

 

二代 鈴木表朔  1905-1991
1905(明治38)京都生まれ。父・表朔の元で漆塗りの技法を学ぶ。
1926(大正15)21才、聖徳太子奉賛展入選。
1934(昭和9)流型派工芸展に出品。新潮流に反応した作品を制作。
1937(昭和12)32才、パリ万国博銀賞を受賞。
1978(昭和53)73才、「現代の工芸作家展」「漆と共に50年」記念個展を開催。

1981(昭和56)記念個展を京都高島屋で開催。
1991(平成3)年逝去。

 

 

DSC_0944.JPG

 

 

DSC_0945.JPG

 

DSC_0946.JPG

 

作者共箱。

 

DSC_0947.JPG

 

径15,3センチ   高8,4センチ

 

DSC_0942.JPG

 

価格は19,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

白井半七 日の出鶴 茶碗

2017年9月28日(木)

 

九代白井半七造 日の出鶴 茶碗を入手しました。

 

正面に大胆に大きく波に日の出(日の入り)を描いています。

 

DSC_0932.JPG

 

鶴を内側に三羽、金銀で描いています。

 

DSC_0931.JPG

 

内外に轆轤目を残しています。

DSC_0935.JPG

 

九代 白井半七(1928〜1987)
白井半七は江戸・今戸焼を代表する陶家。 父8世半七の作風を受け継いで乾山写を得意として特に絵付技術に秀でた。

1980年に兵庫県宝塚から三田に移窯、8世9世ともに料亭「本吉兆」と親交を深めており、茶道具や会席の器など「吉兆好」の作品をよく残した。

趣味人でもあり書画にも秀でた

 

DSC_0934.JPG

 

作者共箱。

 

DSC_0936.JPG

 

径12,5センチ   高6,3センチ

 

DSC_0933.JPG

 

価格は115,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

十二代 田原陶兵衛 萩茶碗

2017年9月27日(水)

 

十二代 田原陶兵衛 萩茶碗を入手しました。

 

DSC_0924.JPG

 

樂茶碗のごとく手のひらを押し付けたような、手の温もりを感じる形です。

 

DSC_0904.JPG

 

口縁は内側に抱き込まれています。

高台まわりの窯変も楽しい。

 

DSC_0905.JPG

 

萩焼はざっくりとした焼き締まりの少ない陶土を用いた、独特の柔らかな風合いが特徴です。土が粗いため、土と釉薬(うわぐすり)の収縮率の違いによりできる表面の細かなヒビ(貫入)から水分が浸透し、器の中から表面にまでいたります。この浸透により、使い込むほどに器の色合いがだんだんと変化し、なんとも言えない侘びた味わいを醸すようになります。この変化は「萩の七化け」と呼ばれ、萩焼の特徴的な魅力となっています。

 

DSC_0906.JPG

 

十二代 田原陶兵衛

1925年 山口県長門市に生まれる。
1944年 旧制山口高等学校在学中に召集を受けて満州に渡る。
1945年 シベリアに抑留される。
1948年 抑留先のシベリアから復員後、長兄11代田原陶兵衛に後継者不在の為家業を継承。
1956年 12代田原陶兵衛を襲名。
1972年 日本工芸会正会員。
1981年 山口県の無形文化財保持者に認定。
1991年9月27日没。66歳没。

 

作者共箱。

 

DSC_0902.JPG

 

径12,4センチ   高8,7センチ

 

DSC_0903.JPG

 

価格は58,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ