<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

永楽善五郎 即全 仁清写 寿獅子茶碗

2020年2月23日(日)

 

永楽善五郎 即全造 仁清写 寿獅子茶碗を入手しました。

 

DSC_1512.JPG

 

獅子舞の半纏(はんてん)の文様から図案化した絵付けを施しています。

 

hanten_33[1].jpg

 

 

000000008236[1].gif

 

 

寿獅子「ことぶきじし」
獅子舞は、推古天皇の時代に百済より伝わった伎楽の中にあり歴史は古いようです。それが日本の各地にいろいろな形で伝わり発展伝承していったといわれています。
江戸の獅子舞は、江戸祭囃子にのせて、一人が一頭の獅子頭(ししがしら)・半纏(はんてん)を纏う一人立ちで演じられ、江戸前ならではのキビキビとした躍動感あふれる動きで舞が奉じられる。

 

DSC_1511.JPG

 

寿獅子の場合、特にお目出度い席などでは、金色に塗られた獅子頭を用いる場合もあるようです。そのほか、大黒様が福を授ける大黒舞(だいこくまい)や、おかめ・ひょっとこなどが脇を固めて、賑やかに祝いの場を演出するケースもみられます。

 

DSC_1513.JPG

 

 

 

DSC_1516.JPG

 

 

DSC_1514.JPG

 

内外、綺麗な状態です。

 

DSC_1515.JPG

 

 

DSC_1495.JPG

 

作者共箱。箱にシミが出ています。

DSC_1496.JPG

 

径12,3センチ   高7,6センチ

DSC_1511.JPG

 

価格は60,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |

中村翠嵐 青交趾 荒磯蓋置

2020年2月22日(土)

 

中村翠嵐造 青交趾 荒磯蓋置を入手しました。

 

DSC_0055.JPG

 

小さな作品ですが丁寧に造られており、存在感があります。

 

DSC_0056.JPG

 

二代中村翠嵐 

昭和17年、京都生まれ。 陶磁器上絵付業を営む家に生まれ、父初代翠嵐に師事して、昭和49年二代翠嵐を襲名。交趾焼の技術の上に他の要素を加えた茶陶としての交趾作品を一貫したテーマとした茶陶家。

 

DSC_0057.JPG

 

木地や塗の棚、色々な棚に合います。

 

DSC_0058.JPG

 

作者共箱。

DSC_0054.JPG

 

径5,5センチ   高5,2センチ

DSC_0055.JPG

 

価格は9,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | - | - | - |

永楽善五郎 即全 乾山写 雪だるま茶碗

2020年2月20日(水)

 

永楽善五郎 即全造 乾山写 雪だるま茶碗を入手しました。

 

大小、親子の雪だるまを描いています。

DSC_1523.JPG

 

鉄絵と金、白釉で雪笹を描いています。

DSC_1524.JPG

 

 

DSC_1525.JPG

 

 

DSC_1526.JPG

 

 

内外に白釉で勢いのある雪を散らしています。

DSC_1527.JPG

 

高台も綺麗な状態です。

DSC_1528.JPG

 

 

DSC_1529.JPG

 

 

DSC_1530.JPG

 

 

DSC_1497.JPG

 

作者共箱。

DSC_1498.JPG

 

径11.5センチ   高8,7センチ

DSC_1523.JPG

 

価格は90,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |

樂家十一代 慶入 赤輪蓋置

2020年2月19日(水)

 

樂慶入造 赤 輪蓋置を入手しました。

 

DSC_1491.JPG

 

「つくね」とも呼ばれ、樂の蓋置の中で一番人気の形です。

DSC_1489.JPG

 

つくね蓋置とは、 円筒形で中央に穴があり 周囲は分厚い形の蓋置です。
つくねは、手捏(てづくね)の略称で、輪蓋置の一種ですが、宗匠や数寄者の手づくねものの蓋置から発展し、楽焼を初めとする国焼で、手づくねもの風に作られたものに用いられる言葉です。

 

DSC_1490.JPG

 

 

DSC_1492.JPG

 

十一代楽慶入
1817−1902 江戸後期-明治時代の陶工。
文化14年生まれ。楽旦入の養子となり,京都の楽家11代をつぐ。旦入とともに紀伊和歌山藩の御庭焼にしたがう。西本願寺の御庭焼もおこない,大谷光尊から雲亭の印をおくられた。明治35年1月3日死去。86歳。丹波桑田郡(京都府)出身。本姓は小川,のち田中。名は喜貫(よしつら)。通称は吉左衛門。

 

DSC_1493.JPG

 

 

DSC_1494.JPG

 

作者共箱。

DSC_1488.JPG

 

径4,5センチ   高4,4センチ

DSC_1489.JPG

 

価格は13万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | - | - | - |

永楽善五郎 即全 坂の絵 御本茶碗 鵬雲斎宗匠

2020年2月18日(火)

 

永楽善五郎 即全造 坂の絵 御本茶碗を入手しました。

 

「坂」は昭和51年 歌会始のお題です。

天皇陛下(昭和天皇)のお歌・この年の御製は
「ほのぐらき林の中の坂の道のぼりつくせばひろきダム見ゆ」

 

DSC_0076.JPG

木立を数か所描き、白の釉薬の線描きで「坂」をあらわしています。

 

 

鵬雲斎宗匠の御箱書。

DSC_0075.JPG

 

正面を少し笑窪に凹ませています。

DSC_0077.JPG

 

本体は高麗御本茶碗を写した出来のいい茶碗です。

DSC_0078.JPG

 

使い手の思いで色々とご使用いただけます。

木立に雪道を想像すれば冬に、夏木立を思い浮かべれば夏につかえます。

 

DSC_0079.JPG

 

見込みにもいわゆる「御本」が出ています。

DSC_0080.JPG

 

綺麗な状態です。

DSC_0081.JPG

 

 

DSC_0073.JPG

 

作者共箱。

DSC_0074.JPG

 

径12,2センチ   高8,4センチ

DSC_0076.JPG

 

価格は60,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |

古銅 龍耳花入

2020年2月14日(金)

 

古銅 龍耳花入を入手しました。

 

少し小振りでバランスのとれた綺麗な形です。

DSC_1503.JPG

 

古銅花入は、日本では鎌倉時代より禅僧や随伴した商人等によりに舶載されたものが仏前供花に用いられ、室町初期には座敷飾りに用いられるようになり、室町時代には花生の主役となり、室町将軍家や大名家などの座敷で飾られた唐物花瓶が尊重され今日に伝えられています。

 

DSC_1504.JPG

 

舶載されたもののほかに日本でも写し物が多く作られたようで、東山時代にはすでに唐物と和物の区別が難しくなっています。
また、古銅と「唐銅」「胡銅」の別は明確ではないようです。

 

DSC_1505.JPG

 

 

DSC_1506.JPG

 

 

DSC_1508.JPG

 

 

DSC_1507.JPG

 

 

DSC_1509.JPG

 

江戸時代の後期に日本で造られた作品と思われます。

 

底には「大明」の鋳込みがあります。

DSC_1510.JPG

 

 

DSC_1502.JPG

 

木箱入り。

DSC_1501.JPG

 

径9,1センチ   高22センチ

DSC_1503.JPG

 

価格は10万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 花入 | permalink | comments(0) | - | - | - |

永楽善五郎 即全 染付橋杭香合

2020年2月13日(木)

 

永楽善五郎 即全造 染付橋杭香合を入手しました。

 

DSC_1479.JPG

 

形物香合相撲番付表 西五段目前頭二十五位に登場する「丸橋杭」を写しています。

 

DSC_1480.JPG

 

一文字形の蓋の上に小鳥がとまっています。

 

DSC_1481.JPG

 

十六代 永楽善五郎(即全)
1917年(大正6)〜1998年(平成10)、京都市生。
昭和9年、千家十職 永楽家の十六代善五郎を襲名。神奈川県大磯に城山窯を築窯し、京都と往復し作陶。
京都伝統陶芸協会初代会長。
千家十職による千松会や十備会に出品、茶陶界において精力的に活動。

 

DSC_1482.JPG

 

水鳥でしょうか、なんとも可愛らしい。

 

DSC_1486.JPG

 

 

DSC_1484.JPG

 

綺麗な状態です。

DSC_1485.JPG

 

作者共箱。

DSC_1487.JPG

 

径5,1センチ   高6,6センチ

DSC_1479.JPG

 

価格は80,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | - | - | - |

三代岩木裕軒 桐木地 蛤香合 淡々斎

2020年2月12日(水)

 

三代岩木裕軒造 桐木地蛤香合を入手しました。

 

DSC_1471.JPG

 

淡々斎宗匠の御箱書、「海松絵」を好まれています。

DSC_1477.JPG

 

蓋裏に墨で御花押がはいっています。

DSC_1476.JPG

 

 

巧緻な仕事です。

DSC_1472.JPG

 

三代岩木裕軒・指物師
明治四十三年生まれ。指物師初代岩木裕軒の三男として生まれる。父、兄・二代佑軒に師事。淡々斎より秀斎の号を授けられる。数多くの新作を考案し、好み物も多い。淡々斎好には幟鯉香合、鵬雲斎家元好に山雲棚などがある。裏千家出入方。

 

DSC_1473.JPG

胡粉で海松を盛り上げて描いています。

 

DSC_1474.JPG

 

美しい木地目です。

DSC_1475.JPG

 

作者共箱。

DSC_1478.JPG

 

巾10,8センチ   高6センチ

DSC_1471.JPG

 

価格は17万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | - | - | - |

中村翠嵐 紺紫交趾 亀甲草花水指

2020年2月10日(月)

 

二代中村翠嵐造 紺紫交趾 亀甲草花水指が入りました。

 

DSC_1376.JPG

 

輪違い模様を亀甲に変換した翠嵐独特の意匠です。

 

DSC_1378.JPG

 

紫、紺、浅黄、金などを使って華やかさを出しています。

 

DSC_1379.JPG

 

翠嵐は交趾写しの名工です。

 

DSC_1380.JPG

 

 

DSC_1377.JPG

 

二代中村翠嵐

昭和17年、京都生まれ。 陶磁器上絵付業を営む家に生まれ、父初代翠嵐に師事して、昭和49年二代翠嵐を襲名。交趾焼の技術の上に他の要素を加えた茶陶としての交趾作品を一貫したテーマとした茶陶家。

 

DSC_1381.JPG

 

 

DSC_1382.JPG

 

外 紙箱。

DSC_1383.JPG

 

作者共箱。

DSC_1384.JPG

 

径16,1センチ   高16,0センチ

DSC_1376.JPG

 

価格は90,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 水指 | permalink | comments(0) | - | - | - |

江戸時代 萩茶碗 即中斎

2020年2月8日(土)

 

萩茶碗を入手しました。

 

約200年から250年前、江戸時代後期の作品です。

 

DSC_0941.JPG

 

石爆(いしはぜ)の景色も見られます。
石爆とは長石などの石粒が焼成時にはじけて表面に露出したもの。
茶人に古来より珍重され、故意に割れ目をつくり石を挟んだものもあるくらいです。

 

 

即中斎宗匠のお箱書、銘「侘びの友」

DSC_0940.JPG

 

素焼きや乾燥させた土の器に釉薬(ゆうやく)をかけ焼き上げます。
この時、釉薬は土よりも縮み方が大きいため、貫入(かんにゅう)
とよばれるひびが入ります。
萩焼は特徴のある土を使うため、お茶を入れると、この貫入から
時間と共に外に染み出し表情が変わります。このような変化は
「萩の七化け(ななばけ)」と呼ばれています。

 

DSC_0942.JPG

 

雨もり手の景色もでています。

 

雨もり手とは陶器を長年使用しているうち、釉(うわぐすり)のひびわれから

他成分が入り、雨漏りのしみのようなものが現われたもの。

茶碗の見所の一つとして重視される。

DSC_0943.JPG

 

内外、ニュー、割れ、直しなど無く無傷です。

DSC_0944.JPG

 

高台は三か所切り、やや外に広げた形でしっかりとした印象です。

DSC_0945.JPG

 

牡丹唐草緞子の仕服が添っています。

DSC_0939.JPG

 

 

径13,0センチ    高8,4センチ

DSC_0941.JPG

 

価格は40万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | - | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ