<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

黒田正玄 竹 炉 風炉蓋置 即中斎

2017年12月11日(月)

 

黒田正玄造 竹 炉 風炉蓋置 即中斎在判 書付を入手しました。

 

DSC_0582.JPG

 

景色のあるシミ竹を使用しています。

DSC_0583.JPG

 

表千家十三代 千宗左(1901年1月27日-1979年8月29日)
京都府生まれ。12代千宗左の次男。即中斎。幼名は覚二郎、号に無尽・清友軒。慶應義塾大学文学部及び京都帝国大学史学選科卒。昭和11年 兄不言斎が急逝、昭和12年父惺斎の死去のため表千家13代家元を継ぐ。昭和24年財団法人不審庵を設立。昭和50年表千家同門会を発足させ茶の普及につとめた。

 

DSC_0584.JPG

 

昭和10年代後半から20年代前半のご染筆です。

 

DSC_0585.JPG

 

即中斎宗匠のお箱書き。

DSC_0581.JPG

 

作者共箱。

DSC_0580.JPG

 

炉用  径4,8センチ   高5,5センチ

DSC_0582.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

樂弘入 松毬 熨斗押

2017年12月10日(日)

 

樂家十二代 弘入造 松毬 熨斗押をご紹介いたします。

 

DSC_0573.JPG

 

青釉の作品の上から全体を金箔で覆っています。

 

DSC_0574.JPG

 

DSC_0575.JPG

 

十二代 弘入(安政4年(1857年) - 昭和7年(1932年))
十一代長男。明治4年に家督相続するが、茶道衰退期のため若いときの作品は少なく、晩年になって多数の作品を制作する。大胆なへら使いに特徴があるとされる。大正8年(1919年)に隠居、以後は京都本邸と 九代了入の別荘であった滋賀県の石山を往復し、優雅な晩年を送る。

 

DSC_0576.JPG

 

弘入の印。

DSC_0577.JPG

 

作者共箱。

DSC_0579.JPG

 

径10,5×7,5センチ   高7,0センチ

DSC_0578.JPG

 

価格は9万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

浄益 砂張銅 突羽根 蓋置

2017年12月8日(金)

 

十代浄益造 砂張銅 突羽根 蓋置が入りました。

 

DSC_0533.JPG

 

十代浄益(淳三郎・紹心、1880年 - 1940年)
九代の息子。早くから大阪の道具商のもとに修行に出される。父の死により家督を相続。第一次世界大戦勃発による軍需景気にのり負債を完済、中川家再建の基盤を作る。代表作「青金寿老」「布袋像2体」(以上三井家蔵)

 

DSC_0534.JPG

 

 

DSC_0535.JPG

 

 

DSC_0536.JPG

 

正月や一月のお目出度のお取合せに、しっかりとした蓋置です。

DSC_0537.JPG

 

作者共箱。

DSC_0532.JPG

 

径5,3センチ   高4センチ

 

DSC_0533.JPG

 

価格は6万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

膳所茶碗 淡々斎宗匠

2017年12月7日(木)

 

膳所茶碗を入手しました。

 

DSC_0526.JPG

 

膳所焼(ぜぜやき)は、滋賀県大津市膳所にて焼かれる陶器。茶陶として名高く、遠州七窯の一つに数えられる。黒味を帯びた鉄釉が特色で、素朴でありながら繊細な意匠は遠州が掲げた「きれいさび」の精神が息づいている

 

DSC_0527.JPG

 

 

DSC_0528.JPG

 

膳所焼(再興)
膳所焼の廃絶を惜しんだ地元の岩崎健三が1919年(大正8年)、友人の画家山元春挙と組んで別邸に登り窯を築き、京都の陶工二代伊東陶山が技術的な指導を行い膳所焼の復興に生涯尽力した。健蔵の後、息子の岩崎新定に継承され、新生膳所焼は今日に至っている。膳所焼美術館にて作品を閲覧することができる

 

DSC_0529.JPG

 

外、内共に釉薬の窯変が楽しい。

 

DSC_0530.JPG

 

淡々斎宗匠のお箱書き。

 

DSC_0531.JPG

 

作者共箱。

DSC_0525.JPG

 

径13,0センチ   高7,3センチ

DSC_0526.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

永楽即全 即中斎自画 独楽絵茶碗

2017年12月6日(水)

 

永楽即全造 即中斎自画 独楽絵茶碗を入手しました。

 

DSC_0541.JPG

 

 

DSC_0542.JPG

 

独楽を金と色絵で描かれています。即中斎直筆です。

DSC_0543.JPG

 

 

DSC_0544.JPG

 

正面に笑窪をつくっています。

DSC_0539.JPG

 

花押が金で茶碗本体に御座います。

DSC_0540.JPG


即中斎宗匠のお箱書き。

DSC_0545.JPG

 

作者共箱。

DSC_0538.JPG

 

 

径11,7センチ   高8,3センチ

DSC_0541.JPG

 

 

価格は32万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

川端近左 溜塗 菊ノ絵大棗 鵬雲斎宗匠

2017年12月1日(金)

 

五代川端近左造 溜塗 菊ノ絵大棗を入手しました。

溜塗に黒漆で菊の絵を描いています。

 

DSC_0517.JPG

 

蓋上部に銀の露が五か所打ってあります。

DSC_0518.JPG

 

 

DSC_0519.JPG

 

 

DSC_0520.JPG

 

内は梨地です。

DSC_0522.JPG

 

お花押が綺麗に入っています。

DSC_0521.JPG

 

昭和50〜60年代の鵬雲斎宗匠のお箱書き。

DSC_0515.JPG

 

外箱が付いています。

DSC_0513.JPG

 

作者共箱。

DSC_0514.JPG

 

大棗の大きさです。

DSC_0519.JPG

 

価格は29万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

十二代田原陶兵衛 萩水指 鵬雲斎宗匠

2017年11月30日(木)

 

十二代田原陶兵衛造 萩水指を入手しました。

灰被り一重口水指です。

 

DSC_0509.JPG

 

灰被りは窯の薪を投げ込むところに置くので、その時々の薪のたまり方で真っ黒になったり生焼けになったりとなかなか上手くいかない場合が多いそうです。

DSC_0505.JPG


萩焼はざっくりとした焼き締まりの少ない陶土を用いた、独特の柔らかな風合いが特徴です。土が粗いため、土と釉薬(うわぐすり)の収縮率の違いによりできる表面の細かなヒビ(貫入)から水分が浸透し、器の中から表面にまでいたります。この浸透により、使い込むほどに器の色合いがだんだんと変化し、なんとも言えない侘びた味わいを醸すようになります。この変化は「萩の七化け」と呼ばれ、萩焼の特徴的な魅力となっています。

 

DSC_0506.JPG

 

十二代 田原陶兵衛

1925年 山口県長門市に生まれる。
1944年 旧制山口高等学校在学中に召集を受けて満州に渡る。
1945年 シベリアに抑留される。
1948年 抑留先のシベリアから復員後、長兄11代田原陶兵衛に後継者不在の為家業を継承。
1956年 12代田原陶兵衛を襲名。
1972年 日本工芸会正会員。
1981年 山口県の無形文化財保持者に認定。
1991年9月27日没。66歳没。

 

DSC_0507.JPG

 

 

DSC_0508.JPG

 

京の木具師、橋村萬象の片木目の塗蓋が添っています。

DSC_0502.JPG

 

 

DSC_0510.JPG

 

内も灰釉薬がたっぷりと掛かっています。

DSC_0511.JPG

 

 

DSC_0512.JPG

 

鵬雲斎宗匠のお箱書き。

 

DSC_0501.JPG

 

 

作者共箱。 

DSC_0503.JPG

 

径17,3センチ×19センチ   高15,7センチ

DSC_0504.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 水指 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

清水庄三 蔦蒔絵 大棗

2017年11月22日(水)

 

清水庄三造 蔦蒔絵 大棗が入りました。

 

DSC_0436.JPG

 

蔦の蒔絵を配分よく描き、上品に仕上げています。

DSC_0435.JPG

 

清水庄三
大正10年11月29日 石川県輪島市にうまれる。
16才より父、庄作について蒔絵の修行を始める。
途中出征するが、復員後輪島在住の大手漆器店の蒔絵部の
責任者として腕を振るい10余年間務め、昭和40年独立する。
独立後は、茶道具制作を主とする。雅号「宗水」

 

DSC_0437.JPG

 

内は銀溜です。

DSC_0438.JPG

 

庄三の銘を蒔絵で入れています。

DSC_0439.JPG

 

作者の「わたくしのことば」が入っています。

DSC_0440.JPG

 

作者共箱。 昭和40年代の作品です。

DSC_0428.JPG

 

径7,3センチ   高7,3センチ

DSC_0436.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

膳所焼 岩崎新定 笹耳 下蕪花入

2017年11月20日(月)

 

膳所焼 岩崎新定造 笹耳 下蕪花入を入手しました。

 

茶褐色の鉄釉の上から薄茶の釉薬を掛けています。

DSC_0380.JPG

 

膳所焼(ぜぜやき)は、滋賀県大津市膳所にて焼かれる陶器。茶陶として名高く、遠州七窯の一つに数えられる。黒味を帯びた鉄釉が特色で、素朴でありながら繊細な意匠は遠州が掲げた「きれいさび」の精神が息づいている。

DSC_0382.JPG

 

膳所焼(再興)
膳所焼の廃絶を惜しんだ地元の岩崎健三が1919年(大正8年)、友人の画家山元春挙と組んで別邸に登り窯を築き、京都の陶工二代伊東陶山が技術的な指導を行い膳所焼の復興に生涯尽力した。健蔵の後、息子の岩崎新定に継承され、新生膳所焼は今日に至っている。膳所焼美術館にて作品を閲覧することができる。

DSC_0383.JPG

 

下蕪形にバランスよく笹耳をつけています。

DSC_0384.JPG

 

 

DSC_0385.JPG

 

 

DSC_0388.JPG

 

作者共箱。

DSC_0387.JPG

 

径11,8センチ   高23,8センチ

DSC_0380.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 花入 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

稲井玉甫 春草蒔絵 大棗

2017年11月19日(日)

 

稲井玉甫造 春草蒔絵 大棗が入りました。

 

DSC_0397.JPG

 

金と色漆で春草を全面に描いています。

DSC_0398.JPG

 

稲井玉甫(生没未詳)は明治から昭和初期の名漆工。六趣園の会員。

DSC_0396.JPG

 

 

DSC_0395.JPG

 

 

DSC_0399.JPG

 

玉甫の在名があります。

DSC_0400.JPG

 

作者共箱。

DSC_0389.JPG

 

径8,0センチ   高8,0センチ

通常の大棗よりひとまわり大きいサイズです。

 

DSC_0398.JPG

 

価格は35,000円です。

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ