<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

膳所陽炎園 岩崎健三 即中斎

2019年12月10日(火)


膳所焼 陽炎園(岩崎健三)造 膳所釉薬 茶碗を入手しました。

 

DSC_1164.JPG

 

即中斎宗匠のお箱書。

DSC_1170.JPG

 

掛け分け釉薬や釉薬の流れが楽しい茶碗です。

DSC_1165.JPG

 

膳所焼(再興)
膳所焼の廃絶を惜しんだ地元の岩崎健三が1919年(大正8年)、友人の画家山元春挙と組んで別邸に登り窯を築き、京都の陶工二代伊東陶山が技術的な指導を行い膳所焼の復興に生涯尽力した。健蔵の後、息子の岩崎新定に継承され、新生膳所焼は今日に至っている。膳所焼美術館にて作品を閲覧することができる。

 

DSC_1166.JPG

 

 

DSC_1167.JPG

 

綺麗な状態です。

DSC_1168.JPG

 

 

DSC_1169.JPG

 

作者共箱。

DSC_1171.JPG

 

径14,0センチ   高6,6センチ

DSC_1165.JPG

 

価格は40,000円です。

 

 

 

 

 

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

二代久世久宝 井筒蓋置 井口海仙好

2019年12月9日(月)

 

二代久世久宝造 井筒蓋置を入手しました。

 

DSC_1181.JPG

 

春夏秋冬の絵付けを四面に描いています。

 

DSC_1183.JPG

 

井口海仙宗匠のお書付、お好みにされています。

DSC_1187.JPG

 

井筒とは井戸の地上の部分を木・石などで囲んだもの、又は能の曲名にもあります。

DSC_1182.JPG

 

二代久世久宝 (明治30年-昭和49年)
初代久宝の長女
初代・久宝に師事する。
二代目・久世久宝を昭和22年に襲名する。

 

DSC_1185.JPG

 

海仙宗匠のお花押がはいっています。

DSC_1186.JPG

 

作者共箱。

DSC_1188.JPG

 

 

4,7センチ四方   高4,5センチ

DSC_1181.JPG

 

価格は47,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

樂惺入 青玉 熨斗押さえ

2019年12月8日(日)

 

十三代樂惺入造 青玉 熨斗押さえを入手しました。

 

DSC_1158.JPG

 

小振りの熨斗押さえ。会記押さえにもお使い頂けます。

DSC_1159.JPG

 

青釉薬と筋金箔のコントラストが綺麗です。

DSC_1160.JPG

 


十三代 惺入(明治20年(1887年) - 昭和19年(1944年))
十二代長男。釉薬、技法の研究を歴代中最も熱心に行い、また、樂家家伝の研究を行う。昭和10年(1935年) - 昭和17年(1942年)にそれらの研究結果を『茶道せゝらぎ』という雑誌を刊行し発表。

DSC_1162.JPG

 

 

DSC_1161.JPG

 

作者共箱。

DSC_1173.JPG

 

径6,6センチ   高6,4センチ

DSC_1158.JPG

 

価格は52,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

飛来一閑 随流斎形 撫角香合 碌々斎好

2019年12月7日(土)

 

飛来一閑造 随流斎形 撫角香合を入手しました。

 

DSC_1198.JPG

 

碌々斎宗匠のお箱書。

随流斎形の香合に倣って碌々斎が好みました。

DSC_0827.JPG

 

蓋の甲にも碌々斎のお箱書。

DSC_0826.JPG

 

小振りで蓋はヘギ目にしています。

DSC_1200.JPG

 

黒塗りの色が透けてきて、羊羹色になっています。

 

DSC_1199.JPG

 

 

DSC_1201.JPG

 

内は金箔を張っています。

碌々斎宗匠のお花押が綺麗にはいっています。

DSC_1202.JPG

 

作者共箱。

DSC_0828.JPG

 

4,4四方   高2,2センチ

DSC_1198.JPG

 

 

 

 

 

 

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

正法寺蒔絵 食籠 砂張掛子添 即中斎

2019年12月6日(金)

 

正法寺蒔絵 食籠 砂張掛子添を入手しました。

 

DSC_1143.JPG

 

即中斎宗匠の御箱書。

DSC_1152.JPG

 

 

正法寺椀(しょうほうじわん)とは、岩手県江刺市にある正平年間(1346-1370)に建てられた正法寺において、自家用に造られた椀。 黒漆塗の非常に大形の碗で、糸底に正法寺と朱漆で草書してある。 また正法寺塗とは、岩手県の秀衡塗、浄法寺塗などと並んで菱紋や雲紋に、金箔をはり、草花木や鶴などが描かれることが多い。DSC_1146.JPG

 

 

DSC_1145.JPG

 

珍しい、砂張銅の掛子が付いています。

DSC_1147.JPG

 

干菓子盆としても単独で使えます。

DSC_1151.JPG

 

 

DSC_1148.JPG

 

蓋裏、見込みには紅葉の蒔絵がございます。

DSC_1149.JPG

 

畳付きには若干のスレがあります。

DSC_1150.JPG

 

 

径18,0センチ   高10,8センチ

DSC_1144.JPG

 

作家は無し、木箱入。

 

価格は92,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 菓子器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

岡本漆専堂 楓流水蒔絵 大棗

2019年12月5日(木)

 

岡本漆専堂製 楓流水蒔絵 大棗を入手しました。

 

DSC_1169.JPG

 

梨地の地に金蒔絵で楓と流水を描いています。

 

DSC_1172.JPG

 

作者は京都の茶道具や高級漆器の漆店として著名な岡本漆専堂です。

 

DSC_1171.JPG

 

青楓、紅葉、共に使えます。

 

DSC_1170.JPG

 

細かないい仕事です。

DSC_1174.JPG

 

内は銀地です。

DSC_1173.JPG

 

 

DSC_1167.JPG

 

作者共箱。

DSC_1168.JPG

 

径7,4センチ   高7,4センチ

DSC_1169.JPG

 

価格は75,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

三浦竹泉 染付金彩 菊蟹香合

2019年12月4日(水)

 

五代三浦竹泉造 染付金彩 菊蟹香合を入手しました。

 

DSC_1160.JPG

 

菊蟹(きくかに)香合は形物香合相撲番付の中にあります。
菊輪花の合子形で、甲に呉須釉で蟹の絵を描いたもの。『茶道筌蹄』に「菊の形にて上に蟹のもやうあり外は白し」とある。

 

DSC_1163.JPG

 

 

DSC_1164.JPG

 

五代 三浦竹泉 1934年生
四代長男。幼名「徹」。1957年(昭和32年)同志社大学文学部卒。日本文化史及び美学・芸術学を専攻。父の元で修行の後、1972年(昭和47年)襲名。京焼の歴史研究でも第一人者の一人である。

DSC_1161.JPG

 

綺麗な状態です。

DSC_1162.JPG

 

作者共箱。

DSC_1159.JPG

 

径5,9センチ    高4,5センチ

DSC_1160.JPG

 

価格は20,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

岡本漆専堂 笹蒔絵 大棗 尋牛斎宗匠

2019年12月3日(火)

 

岡本漆専堂製 笹蒔絵 大棗を入手しました。

 

DSC_1175.JPG

 

尋牛斎宗匠のお箱書。

DSC_1184.JPG

 

平蒔絵、梨地、技法を駆使しています

 

DSC_1176.JPG

 

 

DSC_1183.JPG

 

 

DSC_1177.JPG

 

「露」を数か所打っています。

DSC_1180.JPG

 

内は銀地。

DSC_1181.JPG

 

尋牛斎宗匠のお花押。

DSC_1182.JPG

 

作者は京都の茶道具や高級漆器の漆店として著名な岡本漆専堂です。

 

DSC_1165.JPG

 

作者共箱。

DSC_1166.JPG

 

径7,2センチ   高7,2センチ

DSC_1175.JPG

 

価格は85,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

輪島塗 奥野美峰 金地 住吉蒔絵平棗

2019年12月2日(月)

 

輪島塗 奥野美峰造 金地 住吉蒔絵平棗を入手しました。

 

DSC_1152.JPG

 

住吉大社の神様

祓(はらい)の神、 航海安全の神、 和歌の神、 農耕・産業の神、

弓の神、 相撲の神。

 

DSC_1153.JPG

 

住吉大社は、太古の時代より多くの崇敬を集め、全国の方々より信仰されてきました。

 

DSC_1154.JPG

 

奥野美峰

1953年 石川県輪島市 生まれ。
北喜良に師事。
輪島市美術展 入賞、
輪島見本展 市長賞、
石川県美術漆芸 蒔絵部門 特選二回受賞、
日芸展会員。

 

DSC_1155.JPG

 

 

DSC_1156.JPG

 

平蒔絵(ひらまきえ
研出蒔絵(ときだしまきえ)
高蒔絵(たかまきえ)
肉合蒔絵(ししあいまきえ)

技法を駆使しています。

 

DSC_1157.JPG

 

内も金地にしています。

DSC_1158.JPG

 

作者共箱。

DSC_1151.JPG

 

径8,4センチ   高6,4センチ

DSC_1152.JPG

 

価格は68,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

波多野善蔵 萩茶碗

2019年12月1日(日)

 

波多野善蔵造 萩茶碗がはいりました。

 

DSC_1144.JPG

 

胴の張ったやや大振りの碗形で、堂々としています。

 

DSC_1145.JPG

 

向きによって茶碗の表情が変わります。

 

DSC_1146.JPG

 

萩焼はざっくりとした焼き締まりの少ない陶土を用いた、独特の柔らかな風合いが特徴です。土が粗いため、土と釉薬(うわぐすり)の収縮率の違いによりできる表面の細かなヒビ(貫入)から水分が浸透し、器の中から表面にまでいたります。

 

DSC_1150.JPG

 

この浸透により、使い込むほどに器の色合いがだんだんと変化し、なんとも言えない侘びた味わいを醸すようになります。この変化は「萩の七化け」と呼ばれ、萩焼の特徴的な魅力となっています。

 

DSC_1147.JPG

 

波多野善蔵 

1942年 佐賀県唐津市に生まれる
1972年 山口県美術展知事賞
1973年 日展入選(3回)
1974年 現代工芸展入選(3回)
        九州・山口陶磁展第一位(2回)
        山口県美術展文部大臣奨励賞
1977年 第24回日本伝統工芸展初入選
1981年 第28回日本伝統工芸展「日本工芸会奨励賞」受賞
1987年 山口県芸術文化振興奨励賞受賞
1992年 日本の陶芸100選展出品 山口県選奨を受ける
2002年 山口県指定無形文化財保持者

 

 

DSC_1148.JPG

 

 

DSC_1149.JPG

 

作者共箱。

DSC_1143.JPG

 

径13,5センチ   高8,8センチ

DSC_1144.JPG



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ