<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

永楽妙全 紫薬 粽花入 惺斎宗匠

2017年4月21日(金)

 

永楽妙全造 紫薬 粽花入が入りました。

 

DSC_0788 (2).JPG

 

端午の節句に因んでもお使いいただけます。

 

DSC_0789 (2).JPG

 

南蛮 粽花入を永楽妙全が紫交趾で写しています。

 

DSC_0790 (2).JPG

 

南蛮粽花入とは

古来よりベトナムを始めとする東南アジア産の黒褐色をした焼締陶器を、茶人の間では南蛮と総称します。
その中で粽と呼ばれるものは口を鐔(つば)状に薄く作り、胴を膨らませて藁苞(わらづと)のような形をした瓶のことを指します。

 

DSC_0791 (2).JPG

 

惺斎宗匠のお箱書き。十五の内。

 

DSC_0792 (2).JPG

 

作者共箱。

DSC_0793 (2).JPG

 

径10センチ   高14,6センチ

 

DSC_0788 (2).JPG

 

価格は19万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 花入 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

岩木裕軒 木彫幟鯉香合 淡々斎宗匠

2017年4月21日(金)

 

岩木裕軒造 木彫幟鯉(のぼりこい)香合を入手しました。

淡々斎宗匠のお箱書き。

 

DSC_0798 (2).JPG

 

京の指物師 岩木家の初代、裕軒の作品。

 

DSC_0795 (2).JPG

 

五月の空をおよぐ鯉のぼり、その姿を単純な形にまとめ上げた香合。

材は桐で色は赤漆、目、口、鱗の部分に黒漆が入っているので赤の色が一層引き立って見えます。

 

DSC_0796 (2).JPG

 

黒漆で淡々斎宗匠のお花押が入っています。

 

DSC_0797 (2).JPG

 

淡々斎宗匠のお箱書き。

 

DSC_0799 (2).JPG

 

作者共箱。

DSC_0800 (2).JPG

 

巾11センチ

DSC_0794 (2).JPG

 

 

価格は26万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

清閑寺窯 杉田祥平 交趾蕗のとう香合

2017年4月11日(火)

 

清閑寺窯 杉田祥平造 交趾蕗のとう香合を入手しました。

 

DSC_0690 (2).JPG

 

三代杉田祥平

大正3年11月15日生 京都出身
京都第二工業高校卒 父に師事し作陶を始める

昭和25年  京都国立陶磁器試験所を経て、家業を継承
昭和25年  旧伯爵家より、清閑寺焼を認可される

京都伝統陶芸家協会役員
昭和60年  京都高島屋にて古稀記念展

 

DSC_0693 (2).JPG

 

交趾焼(こうちやき)は、中国南部で生産された陶磁器の一種。名称はベトナムのコーチシナ(交趾支那)との貿易で交趾船によりもたらされたことに由来する。正倉院三彩などの低火度釉による三彩、法花と呼ばれる中国の元時代の焼き物、黄南京と呼ばれる中国の焼き物や清の時代の龍や鳳凰が描かれた焼き物も広い意味では交趾焼である。総じて黄、紫、緑、青、白、などの細かい貫入の入る釉薬のかかった焼き物の事をさす。
交趾焼は交趾、交趾写し、コーチ、こうちと呼ばれる事が多い。 通常は交趾舟貿易により日本にわたってきた本歌と、写しものとして日本国内の主に京焼で生産されてきた色絵陶磁器全般の事を示す。

 

DSC_0692 (2).JPG

 

作者共箱。

 

DSC_0743 (2).JPG

 

径4,7センチ   高4,3センチ

 

DSC_0691 (2).JPG

 

小振りで可愛らしい香合です。

 

価格は13,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

三代 矢口永寿 交趾亀香合

2017年4月8日(土)

 

三代 矢口永寿造 交趾亀香合を入手しました。

亀の形をした黄交趾の香合、甲は紫と青交趾に色分けしています。

 

DSC_0685 (2).JPG

 

径6,4センチ×8,0センチ   高6,4センチ

 

DSC_0686 (2).JPG

 

三代矢口永寿は加賀九谷の茶道具作家の名工です。(昭和十六年生)名古屋生まれ。昭和四十年、伯父の二代永寿のもとで作陶に入る。昭和六十二年、三代永寿襲名。仁清、乾山、染付、祥瑞の作品を中心に制作。

DSC_0687 (2).JPG

 

内は無地の透明釉薬を掛けています。

 

DSC_0688 (2).JPG

 

交趾焼(こうちやき)は、中国南部で生産された陶磁器の一種。名称はベトナムのコーチシナ(交趾支那)との貿易で交趾船によりもたらされたことに由来する。正倉院三彩などの低火度釉による三彩、法花と呼ばれる中国の元時代の焼き物、黄南京と呼ばれる中国の焼き物や清の時代の龍や鳳凰が描かれた焼き物も広い意味では交趾焼である。総じて黄、紫、緑、青、白、などの細かい貫入の入る釉薬のかかった焼き物の事をさす。
交趾焼は交趾、交趾写し、コーチ、こうちと呼ばれる事が多い。 通常は交趾舟貿易により日本にわたってきた本歌と、写しものとして日本国内の主に京焼で生産されてきた色絵陶磁器全般の事を示す。

 

DSC_0689 (2).JPG

 

作者共箱。

DSC_0744 (2).JPG

 

DSC_0685 (2).JPG

 

価格は3万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

九代大樋長左衛門 富士山茶碗 鵬雲斎宗匠

2017年4月4日(火)

 

九代大樋長左衛門造 富士山茶碗が入りました。

DSC_0734.JPG

 

鵬雲斎宗匠のお箱書きがございます。

 

DSC_0736 (2).JPG

九代大樋長左衛門

金沢生。昭和9年に大樋焼本家窯元九代目を襲名。中興の祖である五代勘兵衛に匹敵する名工といわれた。日本工芸会正会員。昭和61年(1986)歿、84才

 

DSC_0737 (2).JPG

 

九代長左衛門はたっぷりとした二重掛けの黒釉が作り出す黒幕釉を創案しました。その絶妙な垂れの景色は茶人のあいだで高く評価されています。

 

DSC_0738 (2).JPG

 

DSC_0739 (2).JPG

 

長左衛門の丸印。

DSC_0740 (2).JPG

 

作者共箱。

DSC_0741 (2).JPG

 

鵬雲斎お家元の中年書き、昭和50年頃のお箱書き。

DSC_0742 (2).JPG

 

径12,0センチ   高7,8センチ

DSC_0734.JPG

 

価格は33万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

吉村楽入 吉野桜絵茶碗  鯉のぼり絵茶碗

2017年4月3日(月)

 

本日は京の楽焼作家、吉村楽入作の茶碗を二碗ご紹介します。

 

まずは一碗目、吉野桜絵茶碗です。

DSC_0719 (2).JPG

 

山の重なりを箆使いで表現しています。

 

DSC_0720 (2).JPG

 

楽入の丸印の作品、桐箱に入るワンランク上の作品です。

DSC_0721 (2).JPG

 

DSC_0722 (2).JPG

 

径11,8センチ   高8,3センチ

DSC_0719 (2).JPG

 

価格は2万円です。

 

 

 

二碗目は鯉のぼり絵茶碗です。

DSC_0716 (2).JPG

 

パステルカラーと金色を使った可愛らしい絵付けです。

 

DSC_0717 (2).JPG

 

 

楽入窯の角印は紙箱入りです。

DSC_0718 (2).JPG

 

径11,5センチ   高8,2センチ

DSC_0716 (2).JPG

 

価格は12,500円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

伊藤表正 菊桐蒔絵 平棗 鵬雲斎宗匠

2017年4月1日(土)

 

伊藤表正造 菊桐蒔絵 平棗を入手しました。

鵬雲斎宗匠のお箱書きがございます。

DSC_0707 (2).JPG

 

伊藤表正
1935年11月 京都生まれ
1955年  初代 田中表阿弥 二代目 田原表阿弥に師事
1975年  師より表正を受ける
以降、個展、展示会多数開催

 

DSC_0708 (2).JPG

 

DSC_0709 (2).JPG

 

平蒔絵,針描き,絵梨地 (えなしじ) などの比較的簡便な技法を用いてすぐれた装飾効果をあげています。

 

DSC_0710 (2).JPG

 

内は黒真塗。

DSC_0711 (2).JPG

 

鵬雲斎宗匠のお花押。

 

DSC_0712 (2).JPG

 

鵬雲斎宗匠のお箱書き。

DSC_0713 (2).JPG

 

作者共箱。

DSC_0715 (2).JPG

 

径8,4センチ   高6,5センチ

 

DSC_0708 (2).JPG

 

価格は14万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

高取水指 即中斎

2017年3月31日(金)

 

高取水指、即中斎宗匠御書付を入手しました。

 

袋形で薄造りの作域。

DSC_0677 (2).JPG

 

明治から大正期の作品、作者名の記載はございませんが、そうとう手慣れた作者です。

 

DSC_0681 (2).JPG

 

お目出度の席では、砂金袋に見立てても良いでしょう。

 

DSC_0679 (2).JPG

 

美しい高取の釉薬が流れています。

DSC_0678 (2).JPG

 

高取焼は元々、福岡県直方市にある鷹取山の麓にて焼かれており、

朝鮮出兵の際に黒田長政が陶工、八山(日本名・八蔵重貞)を連れ帰って焼かせたのが始まり。

開窯は1600年と言われている。

江戸時代には黒田藩の御用窯として繁栄、元和年間には唐津からの陶工を招き、技術を向上させている。

 

そして寛永年間に入ると、2代藩主黒田忠之は小堀政一(遠州)と交流を深め、遠州好みの茶器を多く焼かせた。それが縁で、遠州七窯の一つに数えられ、茶陶産地として名を高めることとなった。この頃の中心は白旗山窯で、遠州好みの瀟洒な茶器は「遠州高取」と呼ばれた。

 

約100年前の土味。

DSC_0682 (2).JPG

 

即中斎宗匠のお箱書き。

 

DSC_0683 (2).JPG

 

DSC_0684 (2).JPG

 

径18センチ   癸隠供ぃ轡札鵐繊  ̄燭咾簔にも良く合います。

 

DSC_0677 (2).JPG

 

価格は25万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 水指 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

川本昇 錦帯橋古材 アカマツ莨盆

2017年3月29日(水)

 

川本昇造 錦帯橋古材 アカマツ莨盆が入りました。

 

川本昇の名の作品は、三代川本光春の襲名前の作品です。

 

DSC_0806.JPG

 

三代 川本光春
初代 川本光春が裏千家十四代 淡々斎宗匠より、
桑細工師として祥桑軒の軒号を賜る
昭和三十九年 指物師 二代 川本光春の長男として生まれる
昭和五十九年 初代 光春に師事
平成四年 京都府工芸技術コンクール佳賞
平成八年 京都洛北大原に工房を移転
平成十年 茶道美術公募展入選
平成十三年 日本文化デザイン会議2000 京都『光の茶会』出展
     経済産業省指定伝統工芸士認定
平成十八年 京都鹿ケ谷法然院回廊古材で茶道具制作
      京都高島屋美術画廊 襲名個展
平成十九年 京都大徳寺玉林院本堂古材で茶道具制作
平成二十年 岡山天満屋本店美術画廊 襲名個展
     全国伝統的工芸品公募展入選
平成二十一年 京都大徳寺聚光院庫裡古材で茶道具制作
平成二十二年 京都龍安寺(世界遺産)本堂古材で茶道具制作

 

節の材を使い、木目も変化に富んでいます。

DSC_0803.JPG

 

両サイドに窓を空けています。

 

DSC_0804.JPG

 

錦帯橋(きんたいきょう)は、山口県岩国市の錦川に架橋された木造のアーチ橋です。2001年(平成13年)より2004年(平成16年)に26億円をかけて、約50年ぶりに橋体部分の架け替え工事が行われた。工事は各年の晩秋から早春の、錦川の水量が減る時期に施工された。

 

平成の架替、錦帯橋の焼き印があります。

DSC_0805.JPG

 

径25,7センチ×16,2センチ  高8,4センチ

 

DSC_0806.JPG

 

紙箱入り。

 

価格は28,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 莨盆 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

三代 矢口永寿 傘香合

2017年3月27日(月)

 

三代矢口永寿造 傘香合が入りました。

 

DSC_0665 (2).JPG

 

三代矢口永寿(昭和十六年生)名古屋生まれ。昭和四十年、伯父の二代永寿のもとで作陶に入る。昭和六十二年、三代永寿襲名。仁清、乾山、染付、祥瑞の作品を中心に制作。

DSC_0666 (2).JPG

 

初代の永寿は1904年に京都より永楽保全の門下滝口加全ら陶工数名を招き、自邸に磁窯を築き永寿窯を開窯し、陶芸のほか書画、料理にも秀で北大路魯山人らとも親交を深めた。

 

DSC_0667 (2).JPG

 

柄の筋色絵や内の青色に渦紋もこっています。

 

DSC_0668 (2).JPG

 

古清水風の薄く華奢なつくりです。

 

DSC_0669 (2).JPG

 

作者共箱。

 

DSC_0660 (2).JPG

 

径9,5センチ×2センチ   高2センチ

DSC_0665 (2).JPG

 

価格は43,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ