<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

亀井味楽 高取焼 茶入

2018年2月20日(火)

 

亀井味楽造 高取焼 茶入が入りました。

 

DSC_0930.JPG

 

径6,8センチ   高8,5センチ  

やや大振りの堂々とした肩衝形です。

DSC_0931.JPG

 

高取焼
高取焼(たかとりやき)は、福岡県直方市、福岡市早良区などで継承されている陶器で、400年ほどの歴史を持つ県下有数の古窯。
高取焼は元々、福岡県直方市にある鷹取山の麓にて焼かれており、朝鮮出兵の際に黒田長政が陶工、八山(日本名・八蔵重貞)を連れ帰って焼かせたのが始まり。開窯は1600年と言われている。窯場には永満寺・宅間窯、内ヶ磯(うちがそ)窯、山田窯があり、これらを「古高取」と呼んでいる。

江戸時代には黒田藩の御用窯として繁栄、元和年間には唐津からの陶工を招き、技術を向上させている。そして寛永年間に入ると、2代藩主黒田忠之は小堀政一(遠州)と交流を深め、遠州好みの茶器を多く焼かせた。それが縁で、遠州七窯の一つに数えられ、茶陶産地として名を高めることとなった。この頃の中心は白旗山窯で、遠州好みの瀟洒な茶器は「遠州高取」と呼ばれた。

 

DSC_0932.JPG

 

14代亀井味楽
1960(昭和35)年、14代亀井味楽を襲名。
1977(昭和52)年、福岡市無形文化財技術保持者に認定。
1988(昭和63)年、国際芸術文化賞を受賞。
1992(平成4)年、福岡県技能功労賞を受賞。

祖父に師事して江戸時代の高取焼の再現に取り組み、
きめ細かい土を用いて
瀟洒で端正な遠州好みの作品制作を得意とする。
数多くの高取焼の名品を所蔵し、
展示室を設けて一般にも公開している。

 

 

DSC_0933.JPG

 

 

DSC_0934.JPG

 

間道の仕覆が添っています。

DSC_0935.JPG

 

作者共箱。

DSC_0936.JPG

 

 

DSC_0930.JPG

 

 

価格は75,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶入 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

村田道寛 花筏 平棗

2018年2月19日(月)

 

村田道寛造 花筏蒔絵 平棗を入手しました。

 

DSC_0918.JPG

 

玄々斎好みの朱金の筏に桜と流水の蒔絵です。

DSC_0919.JPG

 

十一代宗哲(元斎)を師にもつ 京の名工 村田道寛の作です。

昭和40年頃の作品です。

DSC_0920.JPG

 

内は黒真塗。

DSC_0921.JPG

 

作者共箱。

DSC_0922.JPG

 

径8,2センチ   高6,1センチ

DSC_0918.JPG

 

 

価格は6万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

紫陽花蒔絵 大棗 

2018年2月17日(土)

 

平安 翠春造 紫陽花蒔絵大棗を入手しました。

 

DSC_0907.JPG

 

高蒔絵、研ぎ出し蒔絵、螺鈿、梨地蒔絵を駆使しています。

 

DSC_0908.JPG

 

色漆も使い華やかさを出しています。

DSC_0909.JPG

 

 

DSC_0910.JPG

 

内は梨地にしています。

DSC_0911.JPG

 

作者共箱。(京都の作家だが詳しい作歴は不明)

DSC_0906.JPG

 

 

径7,3センチ   高7,4センチ

DSC_0907.JPG

 

 

価格は45,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

高取八仙 瓢茶入 井口海仙

2018年2月16日(金)

 

十三代高取八仙造 瓢茶入を入手しました。 

 

DSC_0898.JPG

 

井口海仙宗匠のお箱書きがございます。

DSC_0899.JPG

 

十三代高取八仙

昭和9年 12月27日生

昭和28年 蘯莨峠住安紊魴僂亜

           全国陶磁器展入賞。

昭和34年 福岡県美術協会員に推挙される。

昭和48年 日本伝統工芸展入選。

昭和50年 福岡県美術協会県知事賞受賞。

昭和55年 伝統工芸士認定(通産省)

平成元年 国際芸術文化賞受賞。

          県知事最優秀技術者表彰受賞。

平成8年 パリ芸術祭大賞受賞。

          NHK選抜百人百碗掲載。

平成17年 全国伝統工芸士会功労賞受賞。

           秋の勲章瑞宝単光章受賞。

平成25年 喜寿記念展覧会(福岡市美術館にて)。

DSC_0900.JPG

 

井口海仙
明治33年6月24日生まれ。13代千宗室の3男。裏千家宗家の父にまなぶ。茶道教授のかたわら,機関誌「茶道月報」を主宰。戦後は淡交社の社長として茶道書の出版,執筆に活躍した。昭和57年6月8日死去。81歳。京都出身。名は三郎。号は宗含。著作に「竹陰抄」など。

DSC_0901.JPG

 

高取焼
高取焼(たかとりやき)は、福岡県直方市、福岡市早良区などで継承されている陶器で、400年ほどの歴史を持つ県下有数の古窯。
高取焼は元々、福岡県直方市にある鷹取山の麓にて焼かれており、朝鮮出兵の際に黒田長政が陶工、八山(日本名・八蔵重貞)を連れ帰って焼かせたのが始まり。開窯は1600年と言われている。窯場には永満寺・宅間窯、内ヶ磯(うちがそ)窯、山田窯があり、これらを「古高取」と呼んでいる。

江戸時代には黒田藩の御用窯として繁栄、元和年間には唐津からの陶工を招き、技術を向上させている。そして寛永年間に入ると、2代藩主黒田忠之は小堀政一(遠州)と交流を深め、遠州好みの茶器を多く焼かせた。それが縁で、遠州七窯の一つに数えられ、茶陶産地として名を高めることとなった。この頃の中心は白旗山窯で、遠州好みの瀟洒な茶器は「遠州高取」と呼ばれた。

DSC_0902.JPG

 

金襴手の仕覆が添っています。

DSC_0903.JPG

 

海仙宗匠のお箱書き。

DSC_0904.JPG

 

作者共箱。

DSC_0905.JPG

 

径6,8センチ   高6,1センチ 少し小振りの可愛らしい形です。

DSC_0898.JPG

 



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶入 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

琉球産 ガジマル香合 尋牛斎

2018年2月14日(水)

 

琉球産 ガジマル香合が入りました。

 

DSC_0892.JPG

 

ガジマル(ガジュマル)

ガジュマルの名は、沖縄の地方名だが、由来は不明。「絡まる(からまる)」の他、一部には『風を守る』⇒『かぜまもる』⇒『ガジュマル』となったという説がある。

クワ科の常緑高木。東アジアの熱帯に分布。日本では屋久島・沖縄に産する。よく枝を広げて茂り、枝や幹から多数の気根を下ろす。葉は深緑色でゴムノキの葉に似る。果実はイチジクに似、赤熟する。観葉植物とされる。ガジマル。榕樹。

 

DSC_0893.JPG

 

拭き漆が施されています。

DSC_0894.JPG

 

炭手前に使いやすい大きさ 形です。沖縄の先生にお勧めいたします。

 

DSC_0895.JPG

 

尋牛斎宗匠のお花押。

DSC_0896.JPG

 

作はなく共箱にはなっていません。

DSC_0890.JPG

 

尋牛斎宗匠のお箱書き。

DSC_0891.JPG

 

径7,7センチ   高3,0センチ

DSC_0897.JPG

 

価格は40,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 香合 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

隆弘峯 糸巻蒔絵 大棗

2018年2月13日(火)

 

隆弘峯造 糸巻蒔絵 大棗を入手しました。

 

お雛様や七夕に御使い頂けます。

 

DSC_0913.JPG

 

糸巻の色目を変えています。

DSC_0939.JPG

 

 

DSC_0914.JPG

 

岩倉隆斎(隆弘峯)
大正15年石川県山中市生まれ。昭和25年隆弘峯を名乗る。昭和58年57歳 京都市伝統産業祭に特別出品。昭和61年60歳・還暦からは隆斎と改号。

 

DSC_0915.JPG

 

小の糸巻も可愛らしい。

DSC_0916.JPG

 

蓋裏にも糸巻の蒔絵があります。

DSC_0917.JPG

 

作者共箱。

DSC_0912.JPG

 

径7,2センチ  高7,3センチ

DSC_0913.JPG

 

価格は40,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶器 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

平戸焼 悦山 七宝透杓立

2018年2月9日(金)

 

平戸焼 悦山造 七宝透杓立を入手しました。

 

DSC_0882.JPG

 

佐世保市三川内町に窯をかまえる、十三代 今村悦山の作です。

 

純白の素地は平戸焼の特徴です。

DSC_0883.JPG

 

平戸焼
長崎県佐世保市三川内 (みかわち。三河内) で産する磁器。三河内 (みこうち) 焼ともいう。安土桃山時代,平戸藩主松浦 (まつら) 鎮信が朝鮮人陶工を連れ帰って,平戸市山中町に御用窯を開いたが,元和8 (1622) 年2代松浦隆信のとき三川内に移され現代まで続いている。作品は茶器,酒器,花器が多く,精巧な白磁,青磁を産する。

 

 

DSC_0884.JPG

 

 

DSC_0886.JPG

 

大日本 三河内 平戸窯 悦山造とあります。

作者共箱。

DSC_0887.JPG

 

径11,2センチ   高17センチ

DSC_0882.JPG

 

 

価格は37,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

平戸焼 悦山 宝尽し紋 建水

2018年2月8日(木)

 

平戸焼 悦山造 宝尽し紋 建水が入りました。

 

DSC_0875.JPG

佐世保市三川内町に窯をかまえる、十三代 今村悦山の作です。

 

箆で素地を削ぐのではなく、文様の土を張り付ける技法をつかっています。

DSC_0877.JPG

 

純白の素地は平戸焼の特徴です。

DSC_0879.JPG

 

平戸焼
長崎県佐世保市三川内 (みかわち。三河内) で産する磁器。三河内 (みこうち) 焼ともいう。安土桃山時代,平戸藩主松浦 (まつら) 鎮信が朝鮮人陶工を連れ帰って,平戸市山中町に御用窯を開いたが,元和8 (1622) 年2代松浦隆信のとき三川内に移され現代まで続いている。作品は茶器,酒器,花器が多く,精巧な白磁,青磁を産する

 

 

DSC_0880.JPG

 

 

DSC_0881.JPG

 

 

DSC_0889.JPG

 

大日本 三河内 平戸窯 悦山造とあります。

作者共箱。

DSC_0888.JPG

 

径14,4センチ   高7,9センチ

DSC_0875.JPG

 

価格26,000円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 小物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

大樋長左衛門 雛絵 茶碗

2018年2月7日(水)

 

九代大樋長左衛門造 雛絵 茶碗を入手しました。  

 

DSC_0831.JPG

 

立雛を白釉で描いています。

DSC_0832.JPG

 

飴色と灰色と赤色を混ぜたような、深みのある色に上がっています。

DSC_0833.JPG

 

九代大樋長左衛門

金沢生。昭和9年に大樋焼本家窯元九代目を襲名。中興の祖である五代勘兵衛に匹敵する名工といわれた。日本工芸会正会員。昭和61年(1986)歿、84才

 

DSC_0834.JPG

 

総釉にしています。

DSC_0835.JPG

 

「大樋」印を高台の中に押しています。

DSC_0836.JPG

 

 

DSC_0839.JPG

 

作者共箱。

DSC_0838.JPG

 

径11,5センチ   高8センチ

DSC_0831.JPG

 

価格は18万円です。



こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

加藤十右衛門 志野茶碗 淡々斎宗匠

2018年2月6日(火)

 

加藤十右衛門造 志野茶碗を入手しました。

 

志野焼は、美濃焼の一種で、美濃(岐阜県)にて安土桃山時代に焼かれた白釉を使った焼物です。

 

DSC_0711.JPG

 

淡々斎宗匠のお箱書きがございます。

DSC_0723.JPG

 

口辺の歪みぐわいのバランスが絶妙です。

DSC_0713.JPG

 

志野は、長石を主な成分とする釉薬をかけた陶器です。鉄で絵を描き、その上から長石釉をかけることによって、日本で初めて焼き物に絵を焼き付けることができるようになりました。

 

DSC_0714.JPG

 

 

DSC_0712.JPG

 

文様のはっきりしているところ、ぼんやりしているところは、釉薬の厚さによって左右されます。

 

DSC_0715.JPG

 

加藤 十右衛門  明治27年- 昭和49年

岐阜県土岐郡笠原町(現・多治見市)生まれ。八坂窯開窯。

美濃大平の陶祖加藤景豊(加藤五郎衛門景豊)の流れをくむ。

1927年には笠原町の町長を務める。

1958年に岐阜県の無形文化財保持者に認定。

美濃桃山陶芸に魅力され伝統技法をベースに、志野、黄瀬戸、織部、

美濃伊賀などを手掛けた匠。戦後の美濃陶芸再興復元に尽力。

1974年、79歳で死去。

 

作者共箱。

DSC_0728.JPG

 

径11,5センチ   高12センチ

DSC_0711.JPG

 


こちらで御道具の販売をしております
茶道具 小西康 WEBSHOP

茶道具 小西康 フリーダイヤル
0120−417−524
     ヨイナ コニシ

 

茶道具 茶碗 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶道具 小西康のぶろぐTOPへ